Yahoo!知恵袋に相続の事を質問すべきか?

こんにちは。横浜のもめない相続の専門家、司法書士/上級心理カウンセラーの甲斐です。

今回は特別企画として、インターネット上にある様々な質問サイトの事について、私なりの考えを書いていきたいと思います。

現在、インターネット上には、ちょっとした分からない事について、簡単に質問が出来る「質問サイト」があり、疑問点をすぐに解決する事が出来て、非常に便利な世の中になっています。

どれだけの質問サイトがあるのか、少し調べただけでも、

Yahoo! 知恵袋、教えて!goo 、教えてサロン 、OKWave(オウケイウェイブ)、発言小町、まぐまぐ!Q&A・・・・等、実に沢山あります。

質問サイトですので、色々な質問がユーザーからなされているのですが、その中に相続、遺言、遺産分割協議、相続税と言った相続に関連する質問も沢山行われており、それに対する回答も沢山されております。

気軽に質問出来て、質問に対する回答もすぐにもらえるので、ユーザーにとってみれば非常に使い勝手が良い反面、そもそもこのような質問サイトに相続の事を質問すべきか?と言う話しもチラホラと耳にします。

私自身は、結局はユーザーの利益につながりますので、質問サイトに相続の事を質問しても良いとは思います。

ただし、それは「色々な問題がある事をご理解した上で」と言う条件付きです。

 

1.回答している人は専門家ではない

Yahoo! 知恵袋等で相続の事について回答している人は、ほとんどの場合専門家ではありません。いわゆる、自称「法律に詳しい人」です。

確かに、法律に詳しくない人からしてみれば、法律に詳しい人の意見は信頼に値すると思われるかもしれません。

しかし、自称「法律に詳しい人」の知識は、実務家としての知識ではありません。

質問者の方の実情に合わない回答である可能性もあります。

その為、それを鵜呑みにして相続手続きを行いますと、想定外の被害が生じる事もあります。

そして、想定外の損害が発生したとしても、誰も責任を取る事はありません。全ては自己責任となります。

 

2.回答しても責任がない

仮に、Yahoo! 知恵袋等で専門家が質問に対して回答しても、ほとんどの場合、自分が相続の専門家である事を名乗らずに回答すると思います。

自分が何者なのかを名乗らないと言う事は、その回答に対して責任を持って回答するわけではありません。

その為、専門家であっても、回答が間違えている事が十分有り得るのです。

(実際に、誤った回答を行っているケースが沢山あります)

 

3.質問が曖昧な為、的確な回答が出来ない

相続に関する質問は、どうしてもプライベートな事に触れなくてはいけない事があります。

しかし、質問者としてはインターネット上でプライベートな事を当然書き込むわけにはいきませんので、質問が非常に曖昧になってしまう事があります。

そうしますと、それに対する回答もやはり質問の趣旨とは異なる曖昧なものになり、質問そのものが全く意味がないものになってしまいます。

 

4.悪意を持って誤った回答を行う者もいる

Yahoo! 知恵袋等の匿名性から、悪意を持って誤った回答を行う者が少なからず存在します。

しかし、一般の方は分からないから質問をしており、その回答が誤った回答である事が分かりません。

その為、誤った回答をもとに行動して不利益を被るといった悪循環が発生します。

【実際にあった悪意のある誤った回答例】

質問:遺産分割調停を申し立てたのですが、調停の日に相手方が欠席しました。このまま相手方が欠席を続けたら調停はどうなるのでしょうか?

誤った回答例:簡潔に言いますと、相手が一度も出席せずこのままいけばあなたの主張が受け入れられて終わります。

【正解】:遺産分割調停は裁判所を利用した話し合いの場です。

その為、相手方が欠席を続けると調停は不成立となり、「審判」と言う裁判により近い手続きに自動的に移行する事になります。

審判でも相手方が欠席を続ければ、裁判官が一切の事情を考慮して遺産を分ける決定を出しますが、それは基本的に法定相続分に従った分け方です。

質問者の主張が全面的に受け入れられるわけではありません。

 

5.まとめ -法律問題は直接法律家へ-

このように、Yahoo! 知恵袋等の質問サイトを利用する事は良いのですが、本当に質問者の方の問題を解決出来るのかどうか、と言った視点で見てみると、やはり疑問を感じます。

特に相続に関しては法律的な問題を含む事が多いですので、Yahoo! 知恵袋等の質問サイトに質問したとしても、その後に直接弁護士や司法書士といった法律家へご相談する事をお勧めします。

各市役所、区役所でも相続に関して法律家による定期的な無料相談会を行っております。

また、当事務所でも相続における無料相談会を行っておりますので、相続の事でお悩み、お困りの場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

【このブログの著者】

甲斐 智也(かい ともや)
司法書士/上級心理カウンセラー

合格率2~3%台の司法書士試験を、4年間の独学を経て合格。

不動産や銀行預金等の相続手続きの他、法律手続・老後の資金・家族の感情面等、様々な視点から考え、遺言・任意後見・家族信託等の方法を駆使し、もめない相続対策・認知症対策を実現させる専門家。

元俳優。アクションが得意でTVドラマ出演やヒーローショーの経験もあり。

⇒詳細なプロフィールはこちら

 

【本サイトでは、相続手続きや家族信託について網羅的に解説しています。今後のご参考にもなる情報でもありますので、よろしければブックマーク等を行い、後からでも閲覧できるようにする事をお勧めします。】

 

【⇒トップページに戻る】

 

平日、土日祝日も21時まで対応可(要予約)。あなたの今後の人生も真面目に考えます。相続対策・家族信託のご相談は当事務所にお任せ下さい。

当事務所では平日お仕事でお忙しい方の為に、事前にご予約を頂けましたら平日は21時まで、土日祝日も無料相談のご対応をおこなっております。

・「仕事が忙しくて相続手続きが出来ない!」
司法書士があなたを代理して、遺産の相続手続きを行います。

・「両親が認知症になった時が心配。成年後見制度は使いたくない!」
→任意後見や新しい財産管理の方法、家族信託をご提案致します。

・「本当に相続対策が必要なのかどうか分からない」
→ご家庭の事、将来の希望等を詳細にヒアリングさせて頂き、最適な方法をご提案します。

当事務所では、上記のような相続の事でお困りの方に対して様々な解決を行っています。

また、単なる手続きだけに目を向けるのではなく、ご依頼者の方の今後の人生にもきちんと目を向け、相続や家族信託を原因として余計なストレスを発生させず、普段と何も変わらない平穏な日常を目指していきます。

あなたが上記のような事でお困り、お悩みの場合、当事務所にお気軽にお問合せ下さい。

※ご相談は1日2組様限定とさせて頂いております。

状況によっては大変混み合いますので、お早目のご予約をお勧めします。