相続トラブル

相続トラブル事例

自分で相続手続き・家族信託を行った場合に良くあるトラブルやデメリット

こんにちは。司法書士の甲斐です。 今は非常に便利な時代で、少し分からない事があってもインターネットで簡単に調べる事ができるようになりました。 相続手続きや家族信託も同様で、私も含め様々な専門家が情報発信をしていますので、 「自分で相続...
相続放棄

遺産分割協議書や契約書に実印を押す時に気をつけなくてはいけない本当の理由

こんにちは。横浜のもめない相続の専門家、司法書士/上級心理カウンセラーの甲斐です。 今回は、遺産分割協議書やその他の契約書に実印を押すと、後から無効を主張する事が難しい理由を説明します。 色々な相談を行っていると、 「契約書に実印を押...
相続一般

地主の土地を利用する権利、借地権の相続の方法とは?

こんにちは。司法書士の甲斐です。 相続のご相談を承っていますと、建物は被相続人の所有ですが、土地は地主から借りている、いわゆる「借地」のケースがあります。 この時に相続のお話と同時並行で、借地の契約関係について良くお伺いするのですが、契...
相続トラブル事例

借金がある場合の相続対策(生前贈与)の注意点。詐害行為取消権について

こんにちは。司法書士の甲斐です。 昨今、様々な相続対策が行われていますが、その代表的なものが「生前贈与」です。 生前贈与は相続対策の基本中の基本であり、相続対策の事をきちんと勉強された方が良く利用されているのですが、注意点があります。 ...
相続・家族信託の専門家

母が死亡し、相続人が子供だけの相続の場合は要注意です!

こんにちは。司法書士の甲斐です。 さて、今回のお話しは、 『父が先に亡くなりその後の母の相続で、相続人が子供のみの場合』ですが、実はこのケースの相続は、非常にもめやすいのです。 父が亡くなった時に、家族は相続手続きを一通り経験している...
相続トラブル事例

代理人弁護士から相続の放棄を求められた場合の対応方法

こんにちは。司法書士の甲斐です。 今回は、現実に良く有る「相手の相続人の弁護士から、相続の放棄を求められた場合の対応方法」のお話しです。 【事例】 私の叔父の奥さんの代理人と名乗る弁護士から手紙が届きました。内容は、私の叔父が先月亡くなった...
出張相続相談

本厚木で相続のご相談を行いました

こんにちは。司法書士の甲斐です。 今回は本厚木で行いました、相続の出張ご相談のご紹介です。 (ブログに掲載する事は、ご本人様ご了承済みです。また、一部事実関係を変更しています。) 最近、本厚木に行く機会が多く、相続だけではなく、家族信...
相続トラブル事例

相続で弁護士・司法書士が関与した結果、トラブルになった事例

こんにちは。司法書士の甲斐です。 相続に関する仕事を行う士業は様々あるのですが、今回は、主に弁護士・司法書士にスポットを当ててお話をしていきたいと思います。 ・弁護士は依頼者の代理人として、他の相続人との交渉 ・司法書士は不動産の名義変更...
遺言

認知症等で遺言が無効になった事例を具体的に解説します

こんにちは。司法書士の甲斐です。 今回は、認知症等で意思能力・判断能力が低下していた事を理由として、遺言書が無効になった事例をお話ししたいと思います。 相続でもめるパターンの一つとして、「遺言の無効を争う」と言うケースがあります。 遺言が法...
遺言

遺言書(自筆証書・公正証書)の無効を主張された場合の対応方法

こんにちは。司法書士の甲斐です。 今回は、別の相続人(もしくは代理人弁護士)から、遺言の無効を主張された場合の対応方法のお話しです。 【事例】 Q:私の父が、先月亡くなりました。 相続人は父の子である私、長男、次男の3人です。 父は...
相続対策・認知症対策

地主さんが絶対に行うべき相続対策とは?

こんにちは。司法書士の甲斐です。 今回は、複数の土地(不動産)を所有している地主さん向けの記事です。 私の事務所がある横浜市泉区は、複数の土地(不動産)を所有している地主さんが多く、いざ相続が発生した場合に、 「遺産のほとんどが土地で、...
遺言

もめる要素が限りなくゼロでも遺言等の相続対策が必要な理由

こんにちは。司法書士の甲斐です。 私はその仕事柄、良く相続対策の必要性をお話しているのですが、中には「ウチは家族の仲が良く、絶対にもめるわけがないから、相続対策なんて必要ないですよ」とおっしゃられる方がいらっしゃいます。 確かにその通り...
相続対策・認知症対策

親の財産を守る!親が元気な時に絶対にやっておくべき財産の事

こんにちは。司法書士の甲斐です。 今回は、大切な親の財産を守り、問題なく子供達が引き継ぐためにやるべき事をお話ししたいと思います。 人間はいつか必ず死にます。 絶対に年齢順に亡くなるとは限らないのですが、多くの場合は子供よりも親が先に...
遺言

前妻との子供に相続させたくない場合

こんにちは。司法書士の甲斐です。 「前妻との子供と、もう何十年も会っていない。自分は再婚をした為、出来れば前妻との子供に自分の財産を相続させたくない。」 バツイチ男性の方にとってみれば、これは永遠のテーマだと思います。 「前妻との子供...
遺言

離婚したバツイチ男性の遺言が公正証書遺言の方が良い理由

こんにちは。司法書士の甲斐です。 今回の記事は、バツイチ男性で遺言の作成を考えていらっしゃる方向けの記事です。 遺言には大きく分けて、ご自分が自筆して作成する「自筆証書遺言」と公証人に作成してもらう「公正証書遺言」の二つがあります。 ...
遺言

50代バツイチ男性が遺言を書くべき4つの理由

こんにちは。司法書士の甲斐です。 今回は、タイトルのとおり、50代バツイチ男性の方が、絶対に遺言を書くべき理由をお話しします。 再婚をされていますと前妻との子供との関係で、再婚をされていない方に比較してより多くの相続対策を考える必要があ...
相続トラブル事例

高飛車・高圧的な態度の相続人に対しての対応方法

こんにちは。司法書士の甲斐です。 あなたのまわりに、高飛車・高圧的な態度で自慢ばかりしてくる人はいませんか? 自分がいかに素晴らしく正しい人間であるか、他人がいかに間違っているのかを永遠と語りだす人、あなたの身の回りに一人や二人必ずいる...
遺産分割協議・調停

相続で遺産分割協議書は絶対に必要ですか?

こんにちは。司法書士の甲斐です。 今回は「遺産分割協議書って作る必要あるの?ウチは財産なんてとくに無いので面倒なんですけど」と思っている方向けの記事です。 相続手続きの流れとして、遺産の分け方を決める遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を...
相続・家族信託の専門家

長男が全ての遺産を相続すると主張している場合(家督相続)

こんにちは。司法書士の甲斐です。 本日は相続人の一人(主に長男の場合が多いです)が、「自分が全ての遺産を相続する!」と主張してきて困っている方向けの記事です。 相続が発生した場合、現在の法律では相続人となれる人が決められており、かつその...
相続トラブル事例

会いたくない、話しをしたくない相続人がいる場合の対処方法

こんにちは。司法書士の甲斐です。 相続が発生すると相続人間で遺産をどのように分けるかを話し合う必要があります。 これを「遺産分割協議」と言い、遺産分割協議を行わなければ預金の相続手続きもできませんし、不動産の名義変更(相続登記)も行う事がで...
タイトルとURLをコピーしました