相続対策

相続対策・認知症対策

相続対策・認知症対策を後回しにしない為の秘訣とは?

認知症対策や相続対策は「早め」に行うのが基本です。 このブログでも何度もお話ししていますね。 こんにちは。司法書士の甲斐です。 でも、多くの人は問題が顕著になって慌てて専門家のところに相談します。 「相続でもめていて・・・」 「...
遺言

無理やり書かされたと誤解されない遺言の書き方

遺言を書くことによって、後々の相続争いを未然に防ぐ事ができます。 しかし、時と場合によって、遺言を作成した事によって相続争いが勃発する可能性があるのです。 こんにちは。司法書士の甲斐です。 遺言が原因で争われる典型的・具体的なケー...
遺言

税金VS法律?相続税を考慮した遺言にすべきか?

異なる士業間で集まった場合、相続に関しての考え方で良く議論になる事があります。 特に税理士VSその他士業(弁護士・司法書士・行政書士等)で議論になるのが、 「相続税を考慮した遺言にすべきか?」 と言う点です。 これはお互いの立場...
お役立ち情報

相続税対策を税理士に相談する時のポイントをズバリこれです!

「相続対策を相談するのは税理士」 試しにインターネットで「相続対策」と検索すると、多くの税理事務所のホームページが表示されます。 それほど、一般の方のイメージとしても、相続対策=相続「税」対策=税理士と言えるのではないでしょうか? ...
相続トラブル事例

法律の抜け穴を狙った相続税対策はNGですよ!

巷では様々な相続税対策が紹介されていますが、問題がある相続税対策があるのを知っていますか? パッと見ると問題がないように見えますが、その実態は「法律の抜け穴」であり、後々問題になるケースもあります。 そこで今回は、後々問題になる(可...
相続対策・認知症対策

地主さんがやるべき相続対策はこんなにあります!

今回は、複数の土地(不動産)を所有している地主さん向けの記事を書きます。 私の事務所がある地区は、昔からの地主さんが多く、いざ相続が発生した場合に、 遺産のほとんどが土地で、どうやって分ければ良いか分からない! ...
相続対策・認知症対策

新たなる相続税対策?コインランドリー経営に迫る!

不動産を活用した続税対策と言えばアパート経営を真っ先に思いつくのですが、最近コインランドリーを利用した相続税対策もあるようですね。 コインランドリーと言えば 「洗濯機と乾燥機だけが置いてある殺風景な場所に、自宅に洗濯機がない貧乏学生...
相続対策・認知症対策

プロなら当たり前!相続対策の相談時に必須なヒアリング事項

相続の専門家は依頼を受任する前に必ず、有料無料を問わず相談会を行っています。 どの専門家もだいたい同じだと思いますが、60~90分前後の時間をかけて、専門家が相談内容をしっかりとヒアリングします。 その上で、各相談者毎にどのような手...
相続対策・認知症対策

相続税対策でアパートを建てるって事は「経営者」になる事!

昨今の相続ブーム(?)を受けて、相続「税」対策の必要性が各種メディアで語られていますが、相続税対策の方法の一つとして、「アパート建設」が紹介されています。 つまり、アパートを建てる事で相続税が安くなる!と言う流れなのですが、一方でこの...
相続対策・認知症対策

コンサルタント視点でみる、相続対策の基本的な考え方

相続コンサルタント。 特に決まった定義はないのですが、相続に関するコンサルタント業務を行っている人の総称です。 (ちなみに、「相続コンサルタント」言う民間資格があるようです。) 昨今、様々な士業や企業が相続の分野に進出しており、「相...
相続対策・認知症対策

相続の専門家が相談者に言わない不都合な真実(相続対策のデメリト)

突然ですが、あなたが何かを決めなくてはいけない状況になった時、どのような事を考慮して、最終的な決断をしますか? 相続対策も「決断をする」と言う点では全く同じで、遺言を書こうか?任意後見契約を締結しようか?それとも家族信託・・・と悩まれ...
事業承継

中小企業の相続、事業承継の基本を分かりやすく説明します

人間はいつか死に、その財産や権利は相続人に引き継がれます。 このように人間には相続が発生しますが、株式会社や有限会社と言った会社であっても相続、つまり後継者への引継ぎである「事業承継」を考える必要が出てきます。 しかしながらこの事業...
相続対策・認知症対策

生前贈与の一つの形。教育資金贈与信託と結婚・子育て支援信託とは?

生前贈与はある意味で究極的な相続対策になりますが、やり方を注意しなければ多額の贈与税が発生する事があります。 しかし、生前贈与には様々な特例があり、その特例を適切に使用する事で、贈与税の負担なく財産を子供や孫の世代に引き継ぐ事が可...
相続対策・認知症対策

オタク(コレクター)がやるべき遺言・相続対策とは?

人はいつかは死ぬ以上、遺言をはじめ相続対策は誰にでも必要になってきます。 そして相続対策は、相続対策を行う人の生活様式・環境に合わせてオーダーメイドで行う必要があります。 誰一人として、同じ考え方や生活習慣の人はいませんからね。 ...
相続対策・認知症対策

デジタル遺産(遺品)の相続対策のポイントとは?

皆様は「デジタル遺産(遺品)」と言う言葉を聞いた事がありますか? 相続が発生した場合、故人が残した遺産は原則して相続人に相続される事になります。 その中でも「デジタル的」な遺産がデジタル遺産と呼ばれているのですが、このデジタル遺産、...
遺言

豊富な記載例あり。遺言の書き方をケースごとに解説します

このページは、自筆証書遺言の書き方について、財産の残した方や財産の記載方法(特定方法)を中心に解説しています。
相続一般

配偶者居住権(令和2年4月施行)の具体的な内容とは?

民法(相続法)が改正され、その目玉の一つである「配偶者居住権」がいよいよ令和2年(2020年)4月1日に施行されます。 この配偶者居住権、相続で残される配偶者の権利を保護する為のものですが、その一方で若干分かりにくい制度となっており、...
相続対策・認知症対策

相続対策でも役立つ生命保険の基本知識

相続対策はその目的により、様々な手法があります。 今回のテーマである「生命保険の活用」も相続対策の手法の一つになりますので、専門家にご相談をされた方の中には、生命保険の活用をご提案された方もいらっしゃるでしょう。 しかし、この生命保険、加...
遺言

法務局における自筆証書遺言の保管制度の注意点

令和2年7月より自筆証書遺言を法務局で保管する事ができる制度が始まり、それに関連して各メディアもこの件を取り上げています。 例えば、下記のサイトでも『相続改正のメリット、「自筆証書遺言」を国が無料チェックも』と言うタイトルで制度の事を紹介...
遺言

遺言の内容に反対している相続人がいる場合の対応方法

遺言書は基本的に相続でトラブルが起きないように作成するものですが、場合によっては遺言が原因で相続トラブルに発展する事があります。 例えば、特定の相続人に非常に有利な内容の遺言です。 相続人には法定相続分があるのですが、遺言者は法定相続分に...
タイトルとURLをコピーしました