相続

相続一般

夫の死後に夫の親族との縁を切る「死後離婚」(姻族関係終了届)とは?

あなたは配偶者の親族、特に義父や義母との関係性は良好ですか? 結婚をするとお互いの配偶者の血族と親族関係が発生します(これを『姻族』と呼びます)。 そして配偶者(例えば夫)が亡くなると、夫との婚姻関係は消滅します。 しかし離婚をし...
相続対策・認知症対策

相続対策でも役立つ生命保険の基本知識

相続対策はその目的により、様々な手法があります。 今回のテーマである「生命保険の活用」も相続対策の手法の一つになりますので、専門家にご相談をされた方の中には、生命保険の活用をご提案された方もいらっしゃるでしょう。 しかし、この生命保険、加...
遺言

法務局における自筆証書遺言の保管制度の注意点

令和2年7月より自筆証書遺言を法務局で保管する事ができる制度が始まり、それに関連して各メディアもこの件を取り上げています。 例えば、下記のサイトでも『相続改正のメリット、「自筆証書遺言」を国が無料チェックも』と言うタイトルで制度の事を紹介...
遺言

遺言と異なる遺産分割協議を行った場合の相続手続きの注意点

亡くなった方が遺言を残していた場合、原則はその遺言通りに遺産を分け合う事になります。 しかし、相続人全員が同意して遺言とは異なる遺産分割協議を行った場合は、実務上はその遺産分割協議が有効になります。 ところが、この「遺言とは異なる遺産分割...
遺言

遺言の内容に反対している相続人がいる場合の対応方法

遺言書は基本的に相続でトラブルが起きないように作成するものですが、場合によっては遺言が原因で相続トラブルに発展する事があります。 例えば、特定の相続人に非常に有利な内容の遺言です。 相続人には法定相続分があるのですが、遺言者は法定相続分に...
遺言

遺言で良くある勘違い、細かいポイントをお話しします。

私は営業ツールとして良くTwitterを利用しているのですが、相続・家族信託の様々な専門家が 私と同じ様にTwitterで情報発信されています。 が、中には 「それ、間違ってますよ・・・。」 と言う発言もしばしばあったりするんですよ...
遺言

親に遺言を書いてもらいたいあなたへ。方法論やテクニックだけじゃダメ!

「親に遺言を書いてもらいたいけど、中々書いてくれない!」そのような時に様々な方法論やテクニックがありますが、それよりも重要な事があります。本ページでは司法書士その他の専門家があまり触れる事がない、親に遺言を書いてもらう為のポイントを解説します。
遺言

絶対に必要!子供のいない夫婦の遺言書の書き方とは?

子供がいない夫婦の場合、遺言を含む相続対策は必須です。本ページではその理由を司法書士が分かりやすく解説します。
相続・家族信託の専門家

当事務所の短所をご紹介します。

相続をメインとしている司法書士事務所やその他の競合他社のHPを見ますと、「当事務所の特長」と言う項目がある事にお気づきですか?(当サイトにもあります。) 簡単に言ってしまえば、競合他社との差別化を図る事を目的としたセールスポイントです。 ...
お役立ち情報

議論が進んでいる相続登記の義務化について解説します

ふとインターネットを見ていましたら、このようなニュースが流れてきました。 相続登記の義務化は今までも議論されており、いよいよ本格的に始動しつつあるのですが、その内容については実際の議論の内容(法務省の法制審議会の資料)を良く見てみ...
相続一般

相続でも重要。土地を借りる権利、借地権と使用貸借

相続のご相談の中で財産に関する事をヒアリングしていますと、自宅は自己所有ですが土地は他人の物、つまり借地である事があります。 この、他人の土地を借りる権利は「借地権」と呼ばれているものなのですが、相続が発生した場合にも多少なりとも関係...
遺言

いつ書くべき?人生において遺言を作成すべき3つのタイミングとは?

「遺言はある程度年齢を重ねた人が書くもの。」 遺言について、あなたはこのようなイメージがありませんか? 本屋で売っている遺言に関する書籍を見ても、年配の方の男女のイラストが良く描かれています。 その為、「遺言はある程度の高...
相続対策・認知症対策

誰もが相続対策が必要な根本的な理由とは?-正常性バイアスについて-

相続対策がなぜ重要である事は様々な専門家が話しています。 「人間は必ず死ぬ。だから相続対策は誰でも行う必要がある。」 「例えもめなくても相続対策を行う必要がある」 等々、相続対策を行うべき理由はあります。 でも、さらに一歩...
お役立ち情報

令和元年7月に大きく変わる相続法のお話し

相続法が平成30年7月に改正され、その多くが今月(令和元年7月)に施行されます。 相続に関する多くのルールが変わる事になりますので、何がどのように変わるのか、ここでまとめてみたいと思います。 1.遺言に関する事 ① 遺言執行者の権限の明確...
相続対策・認知症対策

「相続対策してないなんて馬鹿じゃない?」と言われない為に

日々、相続の様々な問題を目の当たりにしていますと、少しでも相続対策していればこんなグチャグチャな状況にはならないのに・・・、と思う事が少なくありません。 中には友達から 「あんたの家、相続対策してないなんて馬鹿じゃない?」 と冷た...
遺言

不動産を売却して売買代金を取得させる内容の遺言「清算型遺贈」とは?

もめない為の相続対策、その他様々な理由から活用されている、「遺言」。 遺言の方式は自筆証書遺言、公正証書遺言等様々あり、基本的には、 「ある特定の財産を特定の人に取得させる」趣旨の事が書かれています。 そして、ある財産(例えば不動産)を売...
相続トラブル事例

自分で相続手続き・家族信託を行った場合に良くあるトラブルやデメリット

今は非常に便利な時代で、少し分からない事があってもインターネットで簡単に調べる事ができるようになりました。 相続手続きや家族信託も同様で、私も含め様々な専門家が情報発信をしていますので、 「自分で相続手続きや家族信託をやってみよう!...
相続放棄

海外に在住している場合の相続放棄の方法を分かりやすく解説します

相続人が海外に在住していても、相続放棄を行う事は可能です。しかし、日本在住者とは異なり、少し注意が必要な点があります。本ページでは、海外に在住している方向けの相続放棄の方法を解説しています。
相続放棄

遺産分割協議書や契約書に実印を押す時に気をつけなくてはいけない本当の理由

今回は、遺産分割協議書やその他の契約書に実印を押すと、後から無効を主張する事が難しい理由を説明します。 色々な相談を行っていると、 「契約書に実印を押したんですけど、契約書の内容について説明はありませんでした。こんなのは無効ですよね...
相続一般

地主の土地を利用する権利、借地権の相続の方法とは?

相続のご相談を承っていますと、建物は被相続人の所有ですが、土地は地主から借りている、いわゆる「借地」のケースがあります。 この時に相続のお話と同時並行で、借地の契約関係について良くお伺いするのですが、契約書がそもそも無かったり、契約書...
電話で無料相談の予約をする
タイトルとURLをコピーしました