遺産分割協議

お役立ち情報

議論が進んでいる相続登記の義務化について解説します

ふとインターネットを見ていましたら、このようなニュースが流れてきました。 相続登記の義務化は今までも議論されており、いよいよ本格的に始動しつつあるのですが、その内容については実際の議論の内容(法務省の法制審議会の資料)を良く見てみ...
相続トラブル事例

相続の問題を放置すると離婚もあり得ます!

相続に関するトラブルが発生した場合、そのトラブルを解決する為に莫大な時間がかかる場合があります。 その為、 嫁や子供から親の相続の事を何とかしてと言われているけど、もう面倒だから放置しちゃおう。きっと何とかなるさ♪ ...
お役立ち情報

令和元年7月に大きく変わる相続法のお話し

相続法が平成30年7月に改正され、その多くが今月(令和元年7月)に施行されます。 相続に関する多くのルールが変わる事になりますので、何がどのように変わるのか、ここでまとめてみたいと思います。 1.遺言に関する事 ① 遺言執行者の権限の明確...
相続一般

相続で投資用不動産と担保付不動産の評価はどうすれば良いのか?

遺産分割協議を行う上でポイントの一つになるのが、「相続財産をどのように評価するのか?」と言う点です。 特に不動産は複数の評価の方法があり、どの評価を採用するかは非常に頭を悩ます方もいらっしゃるはずです。 さらに、不動産特有の問題として、ア...
相続一般

配偶者居住権の問題点。親が認知症になったらどうする?

民法の相続法の改正が成立し、新たな権利として「配偶者居住権」が創設されました。 配偶者居住権は、遺産分割協議等で取得できる、被相続人の配偶者が自宅をそのまま使用できる権利です。 今までの法律では、各相続人に公平に分配する遺産が無...
相続一般

成立した改正相続法を分かりやすく解説します

平成30年7月6日、相続のルールを定めた民法の一部を改正する法律が成立しました(同年7月13日公布)。 民法のうち相続法の分野については、昭和55年以降実質的に大きな改正はされませんでした。 しかし、時代の変化や社会の高齢化が急速に...
相続放棄

成年被後見人の相続放棄を後見人が代理で行う事は可能か?

今回は、相続人の中に被相続人の方がいて、その被後見人に相続を放棄させたいと思われている方向けの内容です。 【事例】 Q:私の父が先月亡くなりました。 相続人は母と長女である私、長男である弟の3人なのですが、相続の話し合いについてご質...
遺産分割協議・調停

相続で遺産分割協議書は絶対に必要ですか?

今回は「遺産分割協議書って作る必要あるの?ウチは財産なんてとくに無いので面倒なんですけど」と思っている方向けの記事です。 相続手続きの流れとして、遺産の分け方を決める遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成するのが一般的です。 しか...
相続一般

不動産を相続して売却するまでの一連の流れと税金の分かりやすい話

被相続人が残した相続財産の中に自宅等の不動産があった場合、その自宅に今後も住む予定の相続人が不動産を相続する事が多いと思います。 しかし、自宅にもう誰も住む必要がない場合、自宅を売却してその売買代金を相続人で分け合う相続の手続きを行うご家...
遺産分割協議・調停

遺産分割協議のやり方(方法)。後から困らない相続の為の遺産分割のポイント

相続手続きの中で一番大変な事、何だかあなたはご存知でしょうか? 戸籍集め?遺産の調査? それも確かに面倒で大変なのですが、一番大変なのが、被相続人が残された遺産についてどのように分けるかを相続人全員で話し合う、「遺産分割協議」です。...
遺産分割協議・調停

遺言とは異なる遺産分割協議をしても良い?その法的な根拠とは?

被相続人が遺言を残されていた場合、相続の実務として原則はその遺言のとおり遺産を分け合う必要があります。 しかし、場合によってはその遺言が各相続人にとって不公平な内容となっている為、相続人全員で遺言とは異なる遺産の分け方をやりたい場合も...
相続・家族信託の専門家

法律は得体の知れないモノ?相続や遺産分割協議書でも大切な条文の考え方

大学の法学部出身の方や仕事等の関係から法律の勉強をされた方を除く一般の方は、法律は非常に分かりにくく、得体の知れないものと言う印象をお持ちなのではないでしょうか? 私自身も司法書士試験の為の勉強を行う前は法律の事を全く知りませんでした...
相続・家族信託の専門家

要注意!おなかの中の赤ちゃん(胎児)も相続人になります

【事例】 Q:私の主人が交通事故で急死した事で、主人の両親ともめています。 元々、主人の両親は、主人と私の結婚をあまり快く思っていなかった事もあり、相続人としてしっかりと相続分を主張してきました。 主人のめぼしい財産は、昨年購入したマン...
遺産分割協議・調停

相続の話し合いが上手くいく秘訣。交流分析を用いたコミュニケーション

相続人がお一人と言う場合を除き、相続では遺産をどのように分けるかと言った「遺産分割協議」を相続人間で行う必要があります。 この遺産分割協議ではいわゆる「争続」と言う言葉があるとおり、もめる事があります。それはけっしてドラマの世界の事で...
出張相続相談

横浜市青葉区で相続(換価分割)のご相談を行ってきました

本日は横浜市青葉区でのご相談です。 (ブログに掲載する事は、ご本人様ご了承済みです。また、一部事実関係を変更しています。) 1.横浜市青葉区でのご相談の内容 当事務所では様々な場所に出張相談を行っておりますが、今回の横浜市青葉区の場合、...
遺産分割協議・調停

遺産分割協議の無効を争う事が難しい理由を分かりやすく解説します

「過去(何十年も前)に行った遺産分割協議の無効を主張したい!!」と思われている方が実は多いのをご存知でしょうか? 特に市役所での無料相談を行った場合に、高確率でこのようなご相談(裁判をしたい!)を承る事があります。 相談者の方がその...
相続・家族信託の専門家

相続手続きに最低限必要な法律知識とは?

人が亡くなれば必ず何らかの相続手続きが必要となるのですが、相続手続きは法律上の手続きが大半を占めています。 つまり、法律の事をしっかりと理解していないと、正確な相続手続きが出来ないのが基本です。しかしながら、普段法律に接する事がない方...
遺産分割協議・調停

遺産分割調停のデメリットとは?

相続人間でもめている等、遺産分割協議がどうしてもまとまらない時に弁護士等に相談すると、ほぼ間違いなく「遺産分割調停を行うしかない」とアドバイスを受けると思います。 現実問題として遺産の分け方についての問題を解決を行うのであれば、遺産分...
遺産分割協議・調停

遺産分割調停を絶対にやってはいけない場合

相続でもめるケースと言うのはほとんどの場合は「遺産をどのように分けるか」です。 相続では何ら苦労をする事なく、多額の財産を手に入れる事が出来ます。また、被相続人や他の相続人との長年の関係性及び現在の家庭環境等から「遺産をもっと欲しい...
相続一般

もめる相続の特徴。「法律ではこうなっています」では問題が絶対に解決しない理由

私は良く参考の為に他の弁護士や司法書士のホームページを閲覧するのですが、そこで良く目にするが「法律の知識が無いのに遺産分割協議を行うともめます」と言う趣旨のキャッチコピーです。 確かに、法律家の視点で見ればこれは間違いありません。 ...
電話で無料相談の予約をする
タイトルとURLをコピーしました