遺留分

スポンサーリンク
相続対策・認知症対策

相続対策でも役立つ生命保険の基本知識

相続対策はその目的により、様々な手法があります。 今回のテーマである「生命保険の活用」も相続対策の手法の一つになりますので、専門家にご相談をされた方の中には、生命保険の活用をご提案された方もいらっしゃるでしょう。 しかし、この生命保険、加...
相続対策・認知症対策

遺留分放棄の方法を具体例を交えて解説します

本来、自分の財産をどのように処分しても自由であり、遺言で自分の財産を誰に相続させても当然自由なはずです。 しかし、相続ではこの原則の例外、「遺留分」と言うのがあります。 遺留分は兄弟姉妹以外の相続人が持っている最低相続分なのですが、...
民事信託・家族信託の基本

家族信託(民事信託)を利用すると遺留分は発生しないのか?

家族信託の一つのテーマとして、「遺留分」があります。 これは家族信託を利用した際の受益権について、遺留分侵害額請求の対象になるか否か?と言う問題です。 もし遺留分侵害額請求が出来ないのであれば、財産を渡したくない相続人に対して遺留分...
遺言

遺留分に配慮した遺言にすべきか?

本日は遺言について良く議論になる「相続人がもめないために、遺留分に配慮した遺言を書くべきか?」と言うお話です。 遺言を書いて、相続人の誰かに自分の財産を全部譲りたいけど、でもそれは他の相続人の遺留分を侵害する事になるし、だっ...
相続放棄

相続放棄されたら遺留分侵害額請求が出来ないのか?

今回の記事は、遺留分侵害額請求を行おうとしたところ、相続放棄をされてしまい、困ってしまった方向けの記事です。 (なおご紹介する事例は、良くあるご相談を参考にした創作です。) 【事例】 Q:父が先日亡くなりました。 相続人は兄と私...
相続・家族信託の専門家

遺留分は事前(生前)に放棄できる相続手続きか?

今回の記事は、ある相続人の遺留分の放棄についてご相談されたい方向けの記事です。 (なおご紹介する事例は、良くあるご相談を参考にした創作です。) 【事例】 Q:私は今年80歳になりました。 財産と言えるものは自宅しかない為、私が亡くなった後...
相続・家族信託の専門家

遺留分と遺留分侵害額請求権(旧:遺留分減殺請求権)

1.遺留分とは? 自分の財産は、自分で自由に処分する事ができるのが大原則です。 その為、遺言で自己の財産の処分を自由に行う事ができます。 しかし、いくら自己の財産を自由に処分できるとはいえ、例えば、 「全ての財産を全く関係が無い第三者に相続...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました