遺言

遺言

遺言を作成した方が良い3つのタイミングとは?

「遺言はある程度年齢を重ねた人が書くもの。」 遺言について、あなたはこのようなイメージがありませんか? 本屋で売っている遺言に関する書籍を見ても、年配の方の男女のイラストが良く描かれています。 その為、「遺言はある程度の高齢者が書...
遺言

相続法改正によって自筆証書遺言の要件がどの程度緩和されるのか?

令和元年7月は改正相続法の多くの条文が施行されました。 これによって相続のルールが大きく変わってくると思いますので、しばらくは勉強を怠らないようにしたいと思います。 ところで、今年1月に施行された改正相続法はご存知ですか? そう、...
お役立ち情報

令和元年7月に大きく変わる相続法のお話し

相続法が平成30年7月に改正され、その多くが今月(令和元年7月)に施行されます。 相続に関する多くのルールが変わる事になりますので、何がどのように変わるのか、ここでまとめてみたいと思います。 1.遺言に関する事 ① 遺言執行者の権限の明確...
相続対策・認知症対策

「相続対策してないなんて馬鹿じゃない?」と言われない為に

日々、相続の様々な問題を目の当たりにしていますと、少しでも相続対策していればこんなグチャグチャな状況にはならないのに・・・、と思う事が少なくありません。 中には友達から 「あんたの家、相続対策してないなんて馬鹿じゃない?」 と冷た...
遺言

不動産を売却して売買代金を取得させる内容の遺言「清算型遺贈」とは?

もめない為の相続対策、その他様々な理由から活用されている、「遺言」。 遺言の方式は自筆証書遺言、公正証書遺言等様々あり、基本的には、 「ある特定の財産を特定の人に取得させる」趣旨の事が書かれています。 そして、ある財産(例えば不動産)を売...
民事信託・家族信託の基本

終活の本質。遺言も家族信託も任意後見も、分かりやすく言えば「保険」です

今回は、ダイヤモンドオンラインで「終活」に関する、少し気になった記事がありましたので、その反論的なお話しになります。 ダイヤモンドオンラインはダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイトで、主な読者はビジネスパーソンで主に時事・経済ニュ...
遺言

法務局で自筆証書遺言を保管する事ができるようになります。

今回は、先日成立しました法律で、自筆証書遺言を法務局で保管をする事が出来る制度についてお話ししたいと思います。 遺言は大きく分けて、 ・自筆証書遺言 ・公正証書遺言 の2つがありますが、専門家が遺言の相談を受けた場合、基本的には公正証...
出張相続相談

本厚木で相続のご相談を行いました

今回は本厚木で行いました、相続の出張ご相談のご紹介です。 (ブログに掲載する事は、ご本人様ご了承済みです。また、一部事実関係を変更しています。) 最近、本厚木に行く機会が多く、相続だけではなく、家族信託のご相談も承っております。 ...
相続トラブル事例

遺言の書き換え合戦に巻き込まれた場合の対処方法

今後予想される相続トラブルを未然に防ぐため遺言を残す事は非常に有効なのですが、場合によってはその遺言が原因となって相続トラブルに発展する事があります。 【事例】Q:私は今年で70歳になるのですが、私の子供達の事で非常に悩んでいる事がありま...
遺言

認知症等で遺言が無効になった事例を具体的に解説します

今回は、認知症等で意思能力・判断能力が低下していた事を理由として、遺言書が無効になった事例をお話ししたいと思います。 相続でもめるパターンの一つとして、「遺言の無効を争う」と言うケースがあります。 遺言が法律上必要な形式を備えていないと言...
遺言

遺言書(自筆証書・公正証書)の無効を主張された場合の対応方法

今回は、別の相続人(もしくは代理人弁護士)から、遺言の無効を主張された場合の対応方法のお話しです。 【事例】 Q:私の父が、先月亡くなりました。 相続人は父の子である私、長男、次男の3人です。 父は遺言書を残しており、その内容は「...
遺言

もめる要素が限りなくゼロでも遺言等の相続対策が必要な理由

私はその仕事柄、良く相続対策の必要性をお話しているのですが、中には「ウチは家族の仲が良く、絶対にもめるわけがないから、相続対策なんて必要ないですよ」とおっしゃられる方がいらっしゃいます。 確かにその通りで、相続が発生した場合、必ずもめ...
遺言

前妻との子供に相続させたくない場合

「前妻との子供と、もう何十年も会っていない。自分は再婚をした為、出来れば前妻との子供に自分の財産を相続させたくない。」 バツイチ男性の方にとってみれば、これは永遠のテーマだと思います。 「前妻との子供に相続をさせたくはない」 あな...
遺言

離婚したバツイチ男性の遺言が公正証書遺言の方が良い理由

今回の記事は、バツイチ男性で遺言の作成を考えていらっしゃる方向けの記事です。 遺言には大きく分けて、ご自分が自筆して作成する「自筆証書遺言」と公証人に作成してもらう「公正証書遺言」の二つがあります。 公正証書遺言は公証人への手数料が...
遺言

50代バツイチ男性が遺言を書くべき4つの理由

今回は、タイトルのとおり、50代バツイチ男性の方が、絶対に遺言を書くべき理由をお話しします。 再婚をされていますと前妻との子供との関係で、再婚をされていない方に比較してより多くの相続対策を考える必要があります。 実際に相続手続きがス...
出張相続相談

横浜市戸塚区で相続・遺言のご相談を行いました

(写真は、戸塚駅すぐの柏尾川の夜桜です。) 本日は少し前に横浜市戸塚区で行いました、相続(遺言)のご相談のご紹介です。 (ブログに掲載する事は、ご本人様ご了承済みです。また、一部事実関係を変更しています。) 戸塚区は当事務所の泉区の...
遺産分割協議・調停

遺言とは異なる遺産分割協議をしても良い?その法的な根拠とは?

被相続人が遺言を残されていた場合、相続の実務として原則はその遺言のとおり遺産を分け合う必要があります。 しかし、場合によってはその遺言が各相続人にとって不公平な内容となっている為、相続人全員で遺言とは異なる遺産の分け方をやりたい場合も...
相続・家族信託の専門家

相続法が改正され、配偶者の権利が優遇される「居住権」が新設されます

少し前に、民法の債権法が改正されるというニュースが話題になったのですが、実は相続法の改正の議論も活発になっているのをご存知ですか? 遺産分割で配偶者を優遇 民法改正の要綱案1月16日 18時22分 法務大臣の諮問機関である法制審議会の民...
相続・家族信託の専門家

法律は得体の知れないモノ?相続や遺産分割協議書でも大切な条文の考え方

大学の法学部出身の方や仕事等の関係から法律の勉強をされた方を除く一般の方は、法律は非常に分かりにくく、得体の知れないものと言う印象をお持ちなのではないでしょうか? 私自身も司法書士試験の為の勉強を行う前は法律の事を全く知りませんでした...
相続一般

お金持ちの家庭ほど相続で争う事が少ない理由

「相続争い」と聞いて、何をイメージしますか? おそらく、お金持ちの資産家の相続人が少しでも遺産を取得しようと、駆け引きをして、騙しあい、時には罪を犯すようなドロドロのイメージを持たれている方も少なくないはずです。 このようなお金持ち、資産...
電話で無料相談の予約をする
タイトルとURLをコピーしました