相続登記を司法書士に依頼した方が良い場合

こんにちは。横浜・泉区の相続専門司法書士の甲斐です。

今回の記事は不動産の相続手続きをご自分で行おうか迷われていて、相談されたい方向けの記事です。

最近、ご自分で相続による不動産の名義変更(相続登記)を行う方法を解説した、様々な書籍やWebサイトがあります。

これらを利用し、きちんと時間と労力をかける事で間違いがない相続登記を行う事が可能となっています。

しかし、これらの書籍やWebサイトはごく一般的な事しか記載されておらず、そこから少しでも外れたイレギュラーなケースに関しては対応が難しい事があり、必要以上に労力と時間が必要になる事もあります。

今回はそのような時、相続登記を専門家である司法書士に依頼した方が良いケースについて、解説していきたいと思います。

 

1.平日の日中に時間が取れない

相続登記の基本的な流れは、①戸籍の取得、②遺産分割協議(相続人が複数いる場合)、③法務局へ登記申請、となります。

ご自分で相続登記を行う際、通常は相談の為、何回か法務局を訪れると思うのですが、法務局は平日しか開庁しておりません。

その為、そもそも平日の日中に自由に時間が取れない場合は、司法書士にその手続きを依頼された方が良いと思います。

 

2.相続する不動産が遠方にある場合

相続登記の申請は、その不動産を管轄する法務局に対して行います。

相続登記を初めて経験される方は上述したとおり、法務局へ手続きの相談に行かれると思いますが、管轄外の不動産の登記相談を受け付けない法務局が多いと思います。

また、登記申請に不備があると、その補正の為に法務局へ行く事もあります。

例えば東京在住の方が、福岡の不動産を相続し、登記相談や補正が発生した場合、それだけでも手間がかかります。

このような対応をご自分で行う事が難しい時は、司法書士に依頼をされた方が良いでしょう。

 

3.不動産が複数ある場合

田舎の方では、相続した土地が50以上になると言うケースがあるようです。

相続登記を申請する時に、登録免許税という税金を納める必要があるのですが、登録免許税を計算するためには、不動産一つ一つの評価額を合計する必要があります。

また、登記申請書には名義変更を行う全ての不動産を記載する必要があり、非常に手間がかかります(一つでも漏らすと、その土地は名義変更されません)。

なお、これは司法書士でも非常に労力がかかる作業になります。

 

4.不動産を遺贈された場合

相続人ではない方が、被相続人より遺言で不動産を贈与(遺贈といいます)された場合、登記の手続きが通常の相続登記とは異なります。

具体的には、相続登記は相続人の単独申請で良いのですが、遺贈の登記は被相続人(若しくは遺言執行者)と、遺贈を受ける者(受遺者)との共同申請になり、登記申請書の記載も添付する書類も相続登記とは異なり、結果としてその難易度も変化してきます。

 

5.相続人がそれぞれ遠方に住んでいる場合

相続人がそれぞれ遠方に住んでいると、遺産分割協議の機会を設けるのに非常に手間がかかります。

調整してくれる相続人がいれば良いのですが、各自が思い思いのままに意思表示を行うと、収拾がつかなくなるケースもでてきます。

そのような時は、きちんと全員の意見を調整してくれる司法書士にご依頼された方が良いと思います。

 

6.数次相続が発生した場合

数次相続とは、家族のどなたかが亡くなり相続が発生したが、その遺産分割協議を行う前に相続人の一人が亡くなったケースを言います。

数次相続が発生すると、場合によっては相続登記を複数行う必要があります。

 

7.まとめ

以上、いわゆるイレギュラーなケースをご紹介しましたが、イレギュラーと言いながら、実際には良くある話です。

基本的な相続登記とどこがどう違うのか?基本的な相続登記の本質を理解していないと、その応用はできません。

不動産を相続されたけど、「これは基本的な相続登記ではない。

どうすれば良いのか分からない。」と思われた場合は、お気軽に当事務所にご相談下さい。

 

 

 

【このブログの著者】

甲斐 智也(かい ともや)
司法書士/上級心理カウンセラー
⇒詳細なプロフィールはこちら

 

【本サイトでは、相続手続きや家族信託について網羅的に解説しています。今後のご参考にもなる情報でもありますので、よろしければブックマーク等を行い、後からでも閲覧できるようにする事をお勧めします。】

 

【⇒トップページに戻る】

 

平日、土日祝日も21時まで対応可(要予約)。あなたの今後の人生も真面目に考えます。相続対策・家族信託のご相談は当事務所にお任せ下さい。

当事務所では平日お仕事でお忙しい方の為に、事前にご予約を頂けましたら平日は21時まで、土日祝日も無料相談のご対応をおこなっております。

※ご相談は1日2組様限定とさせて頂いております。

状況によっては大変混み合いますので、お早目のご予約をお勧めします。