相続登記を行わないと・・・?

相続登記

こんにちは。司法書士の甲斐です。

今回の記事は、相続登記についてご相談されたい方向けの記事です。

今回は「相続登記を行わなければどうなるのか?何か問題になるのか?」についてお話したいと思います。

まず、大前提のお話をしたいと思います。

登記原因が発生した場合、登記を絶対に行わなければならないのか?

つまり、登記義務があるのか?ですが、実は登記義務はありません。

表題部の登記は別です。これは登記義務があります)

その為、相続で不動産を取得しても、相続登記が行われていないケースが多々あります。

登記義務がありませんので、弁護士の先生や、登記事務を行っている法務局の職員さんでさえ、

「相続登記なんて別にやらなくても、何も問題ありませんよ」と


一般市民の方からの質問について、こう回答している方がいらっしゃいます。

では、本当に相続登記をやらなくても、何も問題が無いのでしょうか?

実は、様々な問題があるのです。

最近の事例ですと、東日本大震災の復興事業に関連した事例があります。

復興事業の為に土地の収用を行おうとした所、相続登記が行われておらず、結果として所有者が不明な土地が数多く存在し、その所有者の調査だけでも莫大な費用と時間がかかっています。

(詳細は、法務省HP「未来につなぐ相続登記」を参照して下さい。)

法務省:未来につなぐ相続登記

また、最近話題になっている「空き家問題」に関しても相続登記の話は無関係ではありません。

管理がされていない空き家の問題点の一つとして、庭の草木が手入れされておらず、不衛生で虫等が発生して、近隣周辺に迷惑をかけている、と言った事が指摘されております。

でも、実際に空き家の所有者に対応してもらおうとも、やはり相続登記がなされておらず、所有者が不明な場合があり、結局何もできないまま、と言った事もあります。

さらに、現在住んでいる自宅を売却したいと思っていたが、その名義が曾祖父のままになっており、相続人が50人以上存在して、事実上相続登記が不可能になっている、と言った事例もあります。

これらの事例すべて「相続登記なんてやらなくても問題ないでしょう?」と言った発想から起こった出来事です。

後になって問題が顕在化すると、莫大な手間と時間と費用がかかります。

これらは全て、問題が顕在化した時に、その問題を解決する親族に降りかかってきます。

大切な親族の方にそうさせないよう、お早目の相続登記をお勧めします。

文責:この記事を書いた専門家
司法書士 甲斐智也

◆司法書士で元俳優。某球団マスコットの中の経験あり。
◆2級FP技能士・心理カウンセラーの資格も持つ「もめない相続の専門家」
◆「相続対策は法律以外にも、老後資金や感情も考慮する必要がある!」がポリシー。
(詳細なプロフィールは名前をクリック)

相続・家族信託の相談会実施中(zoom相談・出張相談有り)

『どこよりも詳しい情報発信をし、さらに人間味があるから。』
相続・家族信託についてご相談されたほとんどの方が仰られた、当事務所を選ばれた理由です。難しい法律の世界を分かりやすく、丁寧にお話しします。将来の不安を解消する為に、お気軽にお問い合わせ下さい。

相続登記
町田・横浜FP司法書士事務所
タイトルとURLをコピーしました