相続分に関するQ&A

こんにちは。横浜市泉区の相続専門司法書士の甲斐です。今回の記事は、相続分についてご相談されたい方向けの記事です。(なおご紹介する事例は、良くあるご相談を参考にした創作です。)

相続が開始された場合、被相続人が有していた権利義務(一身に専属していたものを除く)は相続人に引き継がれます。この引き継がれる割合を「相続分」と呼ぶのですが、原則この相続分は民法で決まっています(法定相続分)。

・相続人が配偶者と子
→ 配偶者2分の1、子2分の1
(子が複数いる場合、2分の1×子の人数が子1人の相続分)

・相続人が配偶者と両親
→ 配偶者3分の2、両親3分の1
(両親が両名とも存命の場合、3分の1×2=6分の1が1人の相続分)

・相続人が配偶者と兄弟姉妹
→ 配偶者4分の3、兄弟姉妹4分の1
(兄弟姉妹が複数いる場合、4分の1×兄弟姉妹の人数が兄弟姉妹1人の相続分)

相続人が、子どものみ、両親のみ、兄弟姉妹のみで複数人いる場合、それぞれの相続分は均等になります。

相続人に関して、詳しくはこちらをご覧下さい。
相続における『相続人』とは?

しかし、この法定相続分を徹底していると、時には不平等な事が発生します。例えば、父親を自宅に引き取って、何十年も介護をしていたのに、介護を全く手伝わなかった兄弟と相続分が同じであれば、誰もがおかしいと思うはずです。今回はこの相続分にテーマを絞って解説していきたいと思います。

 

1.実家を何も手伝わなかった長男

Q:私の実家は自営業を行っており、次男である私が後を継ぎました。本当は兄である長男が後を継ぐべきなのですが、父と兄は折り合いが非常に悪く、兄は実家を出て行って滅多に帰る事はありません。

私は休日も返上して父の仕事を手伝い、父が引退してからも寝る間も惜しんで働きました。また、父が病気で倒れた後も妻と一緒に何十年も介護を行い、父を支えてきました。

その後、父は亡くなったのですが、全く何もしなかった兄と私が同じ相続分である事に納得がいきません。兄が納得できるように、何か法的にでも私に多く相続できる方法はありますでしょうか?

A:ご相談様は実家の事業を手伝っていましたので、その結果として被相続人(父)の財産の増加に貢献した場合、寄与分を主張する事ができる可能性があります(民法第904条の2)。また、被相続人の介護も行われていますのでこの点でも寄与分を主張する事ができる可能性があります。

注意点としては、話し合いで寄与分が決定できれば良いのですが、話し合いではまとまらず、家庭裁判所に判断を委ねた場合、寄与分は主張する者が、あくまでその金額の根拠を示す必要がある事です。例えば、家業の手伝いであれば、1日〇時間、〇年間働いた結果、被相続人の財産が〇千万円増加した、このような主張を行い、その証拠も用意する必要があります。

 

2.相続放棄を迫られている場合

Q:亡くなった父は、数十年前から認知症を患い、弟が自宅でずっと父の面倒を見ていました。私は他県に住んでおり、また仕事が非常に忙しい事もあり、父の面倒を見る事ができず、月に2、3回様子を見に行く程度で、ほとんどの事を弟に任せっきりにしていました。

先日父が亡くなり、相続の話になったのですが、弟や親戚から「あなたは父の面倒を一切見ていないのだから、相続する資格なんてない。相続放棄をしてほしい」と迫られています。確かに、私は父の面倒をほとんど見ていないのですが、遠方の県に住んでおり、子どももいて、仕事もあり、どうしても父の面倒を見る事ができなかったのです。この場合、私は相続放棄すべきなのでしょうか?

A:例え父親の面倒を見なかったからと言って、相続分が無くなるわけではありませんし、相続放棄を行う必要はありません。相談者の方にも様々な事情があったのですから、まずはそれを主張し、話し合いが調わなければ、家庭裁判所に対して遺産分割調停の申し立てを行う事で、問題を解決出来る可能性があります。

 

3.浮気相手との間に生まれた子どもの相続分

Q:私は実は、父と父の浮気相手の間に生まれた子どもで、非嫡出子(婚姻外の子)です。母は私が生まれてからすぐに亡くなり、そのまま父の家庭で育てられました。父の家庭は、奥さんと子どもが二人います。

父の家庭では、特に何不自由なく暮らしていたのですが、先日父が亡くなり、私は父と養子縁組をしていない事が分かりました(認知はされています)。この状態ですと、他の子どもと比べて、私の相続分は少なくなるのでしょうか?

A:従前は非嫡出子の相続分は嫡出子の相続分の2分の1だったのですが、平成25年12月5日、民法の一部を改正する法律が成立し、嫡出でない子の相続分が嫡出子の相続分と同等になりました。よって相談者の方は認知をされていますので、他の父の子どもと同じ相続分になります。

 

 

【このブログの著者】

甲斐 智也(かい ともや)
司法書士/上級心理カウンセラー

合格率2~3%台の司法書士試験を、4年間の独学を経て合格。

心理カウンセリングの技術を応用して、もめない相続の実現を目指す専門家。

不動産や銀行預金等の相続手続きの他、心理カウンセラーが行う心理療法であり心理学のひとつ、「交流分析」をベースにして、法律と感情面の双方から、相続人間のコミュニケーションが円滑になる為の多角的なサポートを行っている。

元俳優。アクションが得意でTVドラマ出演やヒーローショーの経験もあり。

⇒詳細なプロフィールはこちら

 

【本サイトでは、相続手続きや家族信託について網羅的に解説しています。今後のご参考にもなる情報でもありますので、よろしければブックマーク等を行い、後からでも閲覧できるようにする事をお勧めします。】

 

【⇒トップページに戻る】

 

平日、土日祝日も21時まで対応可(要予約)。心のモヤモヤ、スッキリさせませんか?難しい相続・家族信託のご相談は当事務所にお任せ下さい。

当事務所では平日お仕事でお忙しい方の為に、事前にご予約を頂けましたら平日は21時まで、土日祝日も無料相談のご対応をおこなっております。

・「仕事が忙しくて相続手続きが出来ない!」
司法書士があなたを代理して、遺産の相続手続きを行います。

・「感情的になって相続の話し合いが出来ない!」
感情面にも配慮し、相続人の皆様が適切に遺産分割協議が行えるようサポート致します。

・「両親が認知症になった時が心配。成年後見制度は使いたくない!」
→新しい財産管理の方法、家族信託をご提案致します。

当事務所では、上記のような相続の事でお困りの方に対して様々な解決を行い、その結果、ご依頼者の方は相続を原因とする余計なストレスを感じる事なく、普段と何も変わらない平穏な日常を送っていらっしゃいます。

あなたが上記のような事でお困り、お悩みの場合、当事務所にお気軽にお問合せ下さい。

正確で具体的な解決策をご案内致します。

※ご相談は1日2組様限定とさせて頂いております。ご了承下さい。