地主の承諾って必要なの?借地権の相続の方法。

こんにちは。横浜のもめない相続の専門家、司法書士/上級心理カウンセラーの甲斐です。

今回は、『借地権』の相続に関するお話しです。

相続財産は様々あるのですが、実は他人の土地を利用する『借地権』も相続財産の対象となります。

今回はこの借地権の相続について、解説したいと思います。

 

1.そもそも、『借地権』とは?

借地権を正確に説明しますと、「建物の所有を目的とする地上権または土地賃借権」です(借地借家法2条1号)。

借地権は他人の土地を借りる権利なのですが、「建物の所有を目的とする」事がポイントです。

当事務所がある横浜市泉区でも、昔からある建物に関しては、その土地は借地になっている場合が多いです。

※地上権・・・工作物または竹木を所有するためなどの目的で、他人の土地を使用する権利。

 

2.借地権の相続

① 借地権を相続した場合、地主の承諾が必要なのか?

借地権を相続し、遺産である建物に今後住み続ける場合であっても、地主の承諾の必要はありません。

また、まれに土地の賃貸借契約書の書き換えや、名義書き換え料を請求してくる地主がいますが、これに応じる必要はありません(応じても全く問題はありません。)。

なお、建物の相続登記を行う事を忘れないようにして下さい。

②被相続人名義の建物に住んではいないけど、借地権は相続されるのか?

遺産である建物に住んでいなくとも、借地権は当然相続されます。

また、今後もその遺産に住むことがなくても相続する事が可能です。

③遺言で借地権を特定の相続人に相続させる事は可能か?

可能ですが、遺言の書き方に注意が必要です。

「借地権を○○に相続させる」であれば問題はありませんが、「借地権を○○に遺贈する」と書いてしまいますと、これは相続とは異なり、地主さんの承諾や承諾料の支払いが必要となります。

④相続した建物を建て替えたり、リフォームする事は可能か?

可能ですが、建物の建て替えやリフォームを行う場合、地主の承諾が必要となり、承諾料が発生します。

 

3.まとめ

一口に借地権と言っても様々な制約があり、相続に関しても様々な論点があります。

また、借地に関して相続が発生すると、地主と被相続人との間のトラブルに発展する可能性がございますので、ご不明点、お悩みがある場合は一度当事務所やお近くの専門家にご相談下さい。