相続における『相続人』とは?相続できる人とできない人の違いについて

今までコラムの中で、相続に関する様々な情報をご提供してまいりましたが、今回は基本中の基本、「そもそも相続人とは誰ですか?」について解説したいと思います。実はこの相続人についても、間違って理解されている事が多いのです。

 

1.相続人の順位(法定相続人)

相続は、被相続人の死亡により開始され、被相続人が有していた権利義務(その権利義務の性質上、被相続人に帰属すべきものは除く)は、相続人に承継されます。そして、この相続人になれる者は民法で定められています。(民法第887条、889条)

第1順位:被相続人の子

被相続人の子は、最優先に相続人となります。なお、被相続人の子が、相続開始以前に死亡していた時は、その者の子(つまり、被相続人の孫)が相続人となります。被相続人の子、孫が相続開始以前に死亡していた時は、被相続人のひ孫・・・と、相続人は下の世代に移っていきます。

第2順位:被相続人の直系尊属

第1順位の相続人がいない場合、被相続人の直系尊属が相続人となります。『直系尊属』とは、自分より上の世代の事を言います。つまり、父母や祖父母です。相続開始時に被相続人に子どもがいなければ、相続人は父母、父母もいない場合は祖父母と、上の世代に遡っていきます。

第3順位:被相続人の兄弟姉妹

第1順位、第2順位の相続人がいない場合、被相続人の兄弟姉妹が相続人となります。被相続人の兄弟姉妹が、相続開始以前に死亡していた時は、その者の子(つまり、被相続人の甥姪)が相続人となります。

以上が、民法で定められている相続人の順位です。さてここで、皆様疑問に思われると思います。『配偶者』はどこにいったのか?、と。配偶者は相続人として第1順位ではないのか?

 

2.配偶者は常に相続人となる

被相続人の配偶者は、常に相続人となります。そして、上記の第1から第3順位の相続人がいる場合、その者と同順位で相続する事となります(民法第890条)。

良く『配偶者の相続権は第1順位』と勘違いされているケースがあるのですが、それは正解ではありません。配偶者は相続人としては独立して規定されており、第1~第3順位の相続人と同順位で相続人となるのです。

 

3.被相続人の「子」とは?

被相続人の「子」とは、一体誰の事を指すのでしょうか?一見当たり前の論点に思われるかもしれませんが、ここを正確に理解しておかないと、相続人を間違える事になります。

①配偶者間の子

いわゆる、普通の親子関係の話です。これは当然に被相続人の子となります。なお、配偶者が離婚したとしても、親子関係は法律上、断つ事ができませんので、両親が亡くなった場合、その子は相続人となります。

②養子縁組した子

本来の血のつながりはないけれど、法律上の親子関係を発生されるのが、養子縁組です。法律上の親子関係が生じていますので、当然にその子は相続人となります。

③元配偶者の連れ子

例えば、下記の事例の場合はどうでしょうか?

IMG_1035

AはBと結婚し、子Dが生まれました。その後、AとBは離婚、Aは子DをつれてCと再婚しました。その後、Cは死亡しました。この場合、DはCの相続人となるのでしょうか?

実は、このままの状態では、DはCの相続人とはなれません。確かに外見上はCはDの新しい親となっていますが、AとCが婚姻しただけでは、CD間に親子関係は生じておりません。CD間で養子縁組を行う事で、初めて法律上の親子関係を発生させる事ができるのです。

 

4.まとめ

この様に誰が相続人なのか?を理解する事は、簡単なようで実は思い込みもあり、難しい場合もあります。相続は、正しい知識のもと、手続きを進める必要があります。また、手続きに関して何かご不明点、お悩みがございましたら、遠慮なく当事務所にご相談下さい。

 

 

 

【このブログの著者】

甲斐 智也(かい ともや)
司法書士/上級心理カウンセラー
⇒詳細なプロフィールはこちら

 

【本サイトでは、相続手続きや家族信託について網羅的に解説しています。今後のご参考にもなる情報でもありますので、よろしければブックマーク等を行い、後からでも閲覧できるようにする事をお勧めします。】

 

【⇒トップページに戻る】

 

平日、土日祝日も21時まで対応可(要予約)。あなたの今後の人生も真面目に考えます。相続対策・家族信託のご相談は当事務所にお任せ下さい。

当事務所では平日お仕事でお忙しい方の為に、事前にご予約を頂けましたら平日は21時まで、土日祝日も無料相談のご対応をおこなっております。

※ご相談は1日2組様限定とさせて頂いております。

状況によっては大変混み合いますので、お早目のご予約をお勧めします。

 

相続における『相続人』とは?相続できる人とできない人の違いについて” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。