相続争いになればデメリットだらけ。トラブルにならない遺産分割協議のやり方

相続一般

こんにちは。司法書士/2級FP技能士の甲斐です。

相続手続きは多岐に渡るのですが、一番重要なポイントは何といっても遺産分割協議です。

相続財産も少なく、家族間の仲も悪くないのであれば、特にもめる事はないと思うのですが、基本的には数百万~数千万の金額が動くのが相続です。

その為、ちょっとした言葉のすれ違い、他の家族への無配慮等で、一気に相続人間の関係性が悪くなり、もめる相続に発展する可能性が高くなるのです。

では、きちんと他の相続人への配慮等をすれば、全員が納得する、もめない遺産分割協議になるのかと言いますと、それだけでは不十分な事もあります。

他の相続人に配慮をした結果、自分の希望通りの結果にならず、後々までモヤモヤしてしまう、そう言った事も十分起こり得ます。

そのような不幸な事が起きない様、もめない遺産分割協議の為のポイントを今回は解説していきます。

1.自分が何を望むのかを明確にする。

「家族なんだから、言わなくてもきっと分かってくれる。」

確かに、長い時間身近に暮らしてきた家族であれば、阿吽の呼吸といった感覚で話しが進むかも知れません。

しかし、人間は基本的には「言わないと分かり合えない」存在です。

きちんと自分が相続において何を望んでいるのかを明確に、他の相続人に伝えるべきです。

・親をずっと介護していたのだから、相続分を多くもらいたい。
・法定相続分は絶対にもらいたい。
・自宅に住み続けたい。
・自宅ではなく、お金が欲しい、等。

なぜそれを望むのか?その理由も明確にすると、話の説得力が増しますので、その理由もあわせて明確にしましょう。

「そんな事を言ってしまったら、他の相続人に欲深いヤツと思われるかもしれない」と言う印象を持たれてしまうかも知れませんね。

しかし、大きなお金が絡むからこそ、自分の希望を明確にし、お互い腹を割って話し合う必要があるのではないでしょうか?

2.自分が譲歩できる部分を明確にする

今度は逆に、自分が譲歩できる部分を明確にします。

遺産分割協議はあくまで相手方がある事ですので、100%あなたの希望通りになるとは限りません。

譲歩できる部分を明確にする事で、絶対に譲れない部分も明確にできますし、それは後から後悔しない為の重要なポイントになります。

3.まとめ

遺産分割協議でもめる典型的な原因は、相続人間のコミュニケーション不足です。

大きな金額が動くと言う事を十分に踏まえて、自分の意見をきちんと伝え、誤解を生まないコミュニケーションを目指していきましょう。

文責:この記事を書いた専門家(詳細なプロフィールは名前をクリック)

某球団マスコットの中の人の経験あり。親しみやすさが自慢の司法書士。「相続対策は法律だけではなく、老後資金や感情も考慮しなくては意味がない!」をポリシーとし、2級FP技能士や心理カウンセラーの資格も取得した「もめない相続の専門家」。事務所は小田急線・横浜線町田駅徒歩8分『町田・横浜FP司法書士事務所』

相続・家族信託のご相談は町田・横浜FP司法書士事務所にお任せください。

『どこよりも詳しい情報発信をしているから』
相続・家族信託についてご相談されたほとんどの方が仰られた、当事務所を選ばれた理由です。初回のご相談は無料です。難しい法律の世界を分かりやすく、丁寧にお話しします。お気軽にお問い合わせ下さい。

相続一般
町田・横浜FP司法書士事務所
タイトルとURLをコピーしました