司法書士の報酬はなぜ高いのか?(不動産売買)

司法書士の仕事

司法書士の代表的な仕事が、不動産登記です。

不動産取引の現場に立ち会って、売主様、買主様のご本人様確認を行い、登記に必要な書類が全て揃っている事を確認し、登記申請を行う。

マイホームを購入された事がある方は、必ず司法書士と会っているはずです。

不動産会社から「知り合いの司法書士いますか?」と言われ、ほとんどの方は司法書士の知り合いはいない為(日本では司法書士は2万人しかいません。他の国家資格者と比べて少ない数です)、不動産会社から司法書士を紹介されると思います。

そして、実際に登記手続きの見積もりをご覧になられて「こんなにするの?高い!!ぼったくり!!!』であると、思う事もありませんか?

事実、当事務所にも「不動産会社から紹介された司法書士の報酬が高いので、代わりに登記をしてほしい」と相談がある事がまれにございます。

そこで今回は、この『登記における司法書士の報酬』についてじっくりとお話していきたいと思います。

1.そもそも、登録免許税が高い

上記が司法書士が使用している不動産売買の登記における一般的な見積書です。

合計で33万5,000円と、この見積だけを見ますと司法書士は非常に儲かっているように見えますが、実際にこの金額が全て司法書士の手に渡るわけではありません。

司法書士の見積もりはほとんどの場合、登録免許税等の「実費」を合算して算出しています。

この登録免許税を合算したトータルの金額だけを見れば『高い』『ぼったくり』と思われるかも知れませんが、この登録免許税は、誰が(司法書士以外でも)登記手続きしても、絶対に発生する、金額の変化が有り得ない『税金』です。

そのため、司法書士の報酬が『高い』『ぼったくり』との議論を行うのであれば、この登録免許税を除いた金額で議論をする必要があります。

上記の見積で言えば「報酬額」です。この金額が他の司法書士事務所と比べてどうか?と言ったお話しをする必要があります。

それでは、不動産売買の登記における適正な司法書士報酬の額はどれくらいなのか?と言うお話しですが、各司法書士事務所が自由に報酬を決めて良い事になっていますので、それは司法書士によって異なります。

その為、あくまで目安である事をご了承頂きたいのですが、ごく普通の新築マイホーム(土地1筆、建物1棟)について、

⑴ 土地の所有権移転登記
⑵ 建物の所有権保存登記
⑶ 住宅ローンの抵当権設定登記(住宅ローンを利用する場合)

以上3件の登記を行い、それに付随する手続きを行った場合の司法書士報酬(実費は除きますよ)は「10万円~15万円」ぐらいだと思います。

この範囲で収まるようであれば、不動産の売買における特段司法書士報酬は高くはありません。

逆に上記の金額以上になった場合、ぼったくりではなければ特別の事情があるはずです(登記件数が増えた、等)。

その為、「ちょっと司法書士報酬が高いな」と思われた場合、司法書士に説明を求めた方が良いでしょう。

2.司法書士の報酬の本質とは?

そもそも司法書士の報酬とは何なのでしょうか?

昔は単純に手続き報酬の意味合いがあったのですが、最近の不動産売買における登記の司法書士報酬の本質とは、『責任に対する対価』とされています。

司法書士は、単純に登記手続きを行うだけではありません。

『人・物・意思』の確認を行い、数千万円の不動産取引が間違いなく成立する事に対して責任を負っていると言う事です。

『人』とは、不動産取引の当事者の事です。

売主様、買主様ご本人に間違いがないか確認を行います。

『物』とは取引の対象の不動産の事です。

取引の目的である不動産に間違いがないか(他の不動産と間違えていないか)をきちんと確認する必要があります。

『意思』とは取引の意思の事です。売主様であれば、『対象不動産を売却する』意思、買主様であれば、『対象不動産を購入する意思』を確認致します。

この、『人・物・意思』に間違いがないか確認を行う事で、安全に不動産取引を行う事ができるのです。

それでは、『人・物・意思』に何かしらの欠陥があった場合はどうでしょうか?

『人』、売主が実は偽物だった場合、当然取引は無効です。
『物』、取引の不動産を間違えていた場合、これも当然取引は無効です。
『意思』、売却意思、購入意思が無ければ、やはり取引は無効です。

不動取引が無効となった場合、当然に損害賠償の責任が発生します。

この責任を、実は司法書士が負っているのです。

実際に年に数件ですが、不動産の売主になりすました詐欺師が、権利証等を偽造して、買主から数千万円を騙し取っていると言う事案が発生しています。

司法書士は、このような取引が行われない様に、きちんと取引の安全を確認する為の、重い責任があるのです。

これは判例等でも明確になっています。司法書士の報酬の本質は、この責任に対する対価なのです。

3.まとめ -それでも司法書士報酬が高いと思ったら?-

不動産は決して安い物ではありません。

数千万円する高価な物です。

その高価な物の取引が成立しなかった場合、その損害賠償も数千万円となります。

司法書士はその責任を全て負います。

その責任の対価が、10万~15万ぐらいです。

これでも、司法書士の報酬は『高い』でしょうか?『ぼったくり』でしょうか?

ぜひ本質を見極めて、じっくりと議論して頂きたいと思います。

ただし、本当に悪意を持ってぼったくっている悪徳司法書士が存在している事も事実です。

「その為、不動産会社から紹介された司法書士が明らかに高いのでは?」と思われる事もあるでしょう。

もしどうしてもその司法書士の見積もりに納得が行かない場合、当事務所までご相談下さい。

報酬について、その司法書士にどのように説明を求めれば良いか等のアドバイスをさせて頂きます。

【本サイトでは、相続手続きや家族信託について網羅的に解説しています。今後のご参考にもなる情報でもありますので、よろしければブックマーク等を行い、後からでも閲覧できるようにする事をお勧めします。】

 

⇒トップページに戻る

この記事を書いた専門家

横浜市泉区の司法書士です。法律・老後資金・感情等多角的な視点から、自分らしい人生を送る為の認知症対策、相続対策をご提案します。元俳優/福岡県北九州市出身/梅ヶ枝餅、かしわめし弁当が大好き/趣味は講談/

無料相談実施中
当事務所では相続・家族信託に関する相談会を行っております。初回のご相談は無料です。難しい法律の世界を分かりやすく、丁寧にお話しします。お気軽にお問い合わせ下さい。
司法書士の仕事
横浜相続困りごと相談室(司法書士甲斐智也事務所)
タイトルとURLをコピーしました