私が相続の無料相談を行っている理由

こんにちは。横浜のもめない相続の専門家、司法書士/上級心理カウンセラーの甲斐です。

当事務所も含め、弁護士や司法書士は相続に関する無料相談を行っている場合があります。
 
ごく当たり前にやっているように思えますが、実はこの相談を『無料』で行う事について、同業者によっては非常にウケが悪い事があるのです。

[bal_R1]専門家になるのには、非常に多くの時間とお金、労力がかかっている。その努力の結晶である専門家の知識を、無料で提供する事はおかしい![bal_R2]https://kai-legal.com/wp-content/uploads/2017/01/c87d61a7f0f0cb0a9763410bd6e148e1_s.jpg[bal_R3]

彼らの言っている事は間違いではありません。

専門家にとって商品とは『知識』そのものであり、それを無償で提供する事自体が有り得ないと言う事なのです。

確かにそのような考え方は尊重すべきなのですが、無料で相談を行う事についてもしっかりとした目的があります。

今回は相続の相談について、そもそもなぜ無料で行っているのか?私なりの考えをお話ししたいと思います。

 

1.無料相談を行っている一般的な理由

まずは一般論のお話をしていきたいと思います。

当事務所も含め、弁護士や行政書士、税理士と言った『士業』の事務所の中で、無料相談を行っている事務所は非常に多いと思います。

その最大の目的は、事務所の存在を広めやすくする広報手段の一つであり、無料相談を行う事で仕事につなげたいからです。

普通に考えれば当然ですね。

一般企業や個人事業主は、何らかの活動を行う場合、その活動は直接的にも間接的にも、『売上』に直結していなければ事務所が潰れてしまいます。

しかし、有料相談であれば、一般の方にとってみれば身構えてしまう事だってあるはずです。

「お金を出して相談するのだから、しっかりと資料をそろえなければ」と必要以上に真面目になったり。
 
その考え方がいずれ「弁護士や司法書士は敷居が高い」と言う流れになってしまうのかも知れません。

そうすると、本来は専門家の力を利用して解決しなければいけない相続の問題を、ムリヤリご自分で行った結果、不適切な手続きを行い、不利益を被る事だってあるかもしれません。

だからこそ、このような損害を未然に防ぎ、気軽に活用する事ができる『無料』相談と言うスタンスも必要になってくるのです。

 

2.私が相続の無料相談を行っている根本的な理由

① 気軽に利用して頂きたいから

上記でもご紹介させて頂きましたが、無料であればそこまで肩肘張る事なく気軽に利用する事ができる、と言うのが理由の一つです。

相続は法律の事を知っていないと適切な手続きは難しいです。

一般の方は法律とは無縁の生活を送られているでしょう。

それなのに、ある日突然「相続(法律)の事を勉強してね」と言われても困るのではないでしょうか?

仕事をしている、日常の家事をしなくてはいけない・・・・。

そのような忙しい日常なのに、一から勉強なんて非常に非効率です。

そのような時に、必要なタイミングで必要な事を無料で聞く事ができる専門家がいればどうでしょうか?

自分で一から勉強するより遥かに効率的であり、また気軽に利用できるのではないでしょうか?

無料で相続の相談を行うと言うのは、このような意味もあるのです。

② 正しい相続の情報を伝えたい

私が一番強調したいのは、まさにこれです。

相続は法律上の手続きです。

その為、『多分これで大丈夫だろう』と言うあやふやな内容が通用しない事があります。

手続き内容によっては、『多分』、ではなく『絶対に間違いがないように』行う事が求められるのです。

相続に関する知識は今ではインターネット等を利用すれば、簡単に手に入れる事ができます。

しかし、その情報は間違っている事があり、一般の方が間違った情報のまま相続手続きを行った場合、損害を被る可能性が出てきますし、損害が発生しなくても、その手続きが非常に遠回りになるかもしれません。

その為、気軽に利用できて、かつ正しい情報を提供する場として、無料相談を行っているのです。

③ 人が『正しい』と思った情報を後から訂正するのは本当に大変

さらに、正しい相続の知識を無料相談でお伝えすると言うのは、別の意味があるのです。

人は一旦正しいと信じ込んだ事について、その情報をずっと正しいと信じ込む傾向があります。

例えそれが、間違った情報でもです。

例えば、こんな感じです。

[bal_R1]この間、〇〇銀行から聞いたんですけど、遺産分割協議書を作ったら、家庭裁判に提出しなければダメなんですよね?[bal_R2]https://kai-legal.com/wp-content/uploads/2018/02/508720.jpg[bal_R3]

[bal_L1]https://kai-legal.com/wp-content/uploads/2018/04/IMG_0683.jpg[bal_L2](・・・何の事だろ)家庭裁判所で調停を行っているのですか?[bal_L3]

[bal_R1]いえいえ。調停なんてやっていませんよ。[bal_R2]https://kai-legal.com/wp-content/uploads/2018/02/508720.jpg[bal_R3]

[bal_L1]https://kai-legal.com/wp-content/uploads/2018/04/IMG_0683.jpg[bal_L2]だったら、家庭裁判所に提出する必要なんてないですよ。それ、間違った情報ですよ[bal_L3]

[bal_R1]銀行の人が言った事に、間違いなんてあるわけないじゃないですか[bal_R2]https://kai-legal.com/wp-content/uploads/2018/02/508720.jpg[bal_R3]

実際にこの様なやりとりは良くあります。

自分が「正しい!」と思った事を後から訂正するのは非常に骨が折れる作業なのです。

だからこそ、初めから正しい知識を提供したいので無料相談を行っている、と言う理由もあります。

 

3.まとめ

有料相談もメリットがあるのですが(お金を支払う分、相談者もより真剣になったり等)、何よりも気軽に利用できると言う点で無料相談は優れていると思います。

相続に代表する法律上の手続きは、間違えると後から色々と面倒な事になる可能性もあります。

そのような事になる前に、お気軽に専門家の無料相談を体験してみませんか?

きっと、相続手続きの事でモヤモヤしていた事が、スッキリとするはずです。

 

 

 

【このブログの著者】

甲斐 智也(かい ともや)
司法書士/上級心理カウンセラー
⇒詳細なプロフィールはこちら

 

【本サイトでは、相続手続きや家族信託について網羅的に解説しています。今後のご参考にもなる情報でもありますので、よろしければブックマーク等を行い、後からでも閲覧できるようにする事をお勧めします。】

 

【⇒トップページに戻る】

 

平日、土日祝日も21時まで対応可(要予約)。あなたの今後の人生も真面目に考えます。相続対策・家族信託のご相談は当事務所にお任せ下さい。

当事務所では平日お仕事でお忙しい方の為に、事前にご予約を頂けましたら平日は21時まで、土日祝日も無料相談のご対応をおこなっております。

※ご相談は1日2組様限定とさせて頂いております。

状況によっては大変混み合いますので、お早目のご予約をお勧めします。