遺言を作成した方が良い3つのタイミングとは?

遺言

こんにちは。

「遺言はある程度年齢を重ねた人が書くもの。」

遺言について、あなたはこのようなイメージがありませんか?

本屋で売っている遺言に関する書籍を見ても、年配の方の男女のイラストが良く描かれています。

その為、「遺言はある程度の高齢者が書く物」と言ったイメージがどうしてもあるかも知れませんが、ハッキリ言ってしまえばこれば思い込みです。

まだまだ若い世代の時、20代や30代でも遺言を書いておかないと後々困る事が起こり得るのです。

今回は、その遺言を作成すべきタイミングについて、その理由も併せてお話ししたいと思います。

1.マイホームを購入した時

結婚してマイホームを購入した時、もしくはその逆のマイホームを購入して結婚したタイミングの事です。

これをお話しすると、ほぼ100%、

「マイホームを購入する時って若い時なのに、遺言が必要なの??」

と言うリアクションが返ってくるのですが、きちんと理由があります。

マイホームを購入する時は基本的に若い時ですので、結婚して子供がいない事もあるでしょう。

そして、もし仮に夫がマイホームを購入した翌日に交通事故等で亡くなってしまったら・・・。

(若ければ絶対に死なないってわけではありませんよね。)

勘の良い方は、もうお分かりだと思います。

このケースの夫の相続人は、妻と夫の両親です。

つまり、(遺言が無ければ)妻は義理の父母と遺産分割協議を行う必要があります。

夫の父母が物分りの良い(?)方であれば問題は起きないと思うのですが、妻と夫の父母は、今まで接点がほとんど無く、関係性が構築されていない事だってあるでしょう。

さらにメインの遺産は分けにくい不動産と言う状況です。

遺産分割協議が難航する事、容易に想像できるのではないでしょうか?

なお、子供がいる場合は夫の父母は相続人ではありませんが別の問題が出てきます。

夫婦が若いと言う事は、子供も未成年である事がほとんどでしょう。

この場合、未成年の子供と妻が遺産分割協議を行う場合、「特別代理人」を選任する必要があります。

さらに、特別代理人が選任された場合、その遺産分割協議は原則「法定相続分」による相続です。

(※妻に全財産を相続させる『例外』は場合によっては可能ですが、あくまで原則は法定相続分です。)

つまり、不動産が共有状態になると言う事です。

このように、例え子供がいたとしても、未成年であれば面倒な手続きを行う必要があるのです。

2.50代になった時

実はこれ、データがあります。

厚生労働省が発表しました「平成27年人口動態統計月報年計(概数)の概況」の「表6-1 年齢(5歳階級)別にみた死亡数・死亡率」によりますと、

45歳~49歳の死亡率(人口10万人対)が、「157.3」に対して、50歳~54歳になりますと、「249.7」に増加し、さらに55歳~60歳になりますと、「383.5」と、増加の一途をたどります。

50代と言えば、現役バリバリの世代でその分仕事のストレスも尋常ではないでしょう。

一方で身体の衰えが顕著になり、会社の健康診断で注意すべき項目が何か所も見つかる事も多く、また何らかの病気で長期入院し、ご自分の命の事について考えた事がある方もいらっしゃるでしょう。

つまり、50代は現役世代でありながら、かつ今のご家族の為に、相続の事もしっかりと考えなくてはいけない重要な世代なのです。

また、50代であればそれなりの財産があったり、借金もあるかも知れません。

財産の状態がきちんと整理されていない、グチャグチャな状態で急死すると当然残された家族はパニックになります。

その事もしっかりと伝えていきましょう。

3.定年退職をした時

仕事も辞めて、第二の人生が始まり、自由な時間が増える時です。

いよいよ相続の事を考えるべき時期でしょう。

巷では「人生100年」なんて言われますが、健康な時代はこれよりも短くなるはずです。

遺言を含む相続対策は心身ともに健康な状況でなければ適切な判断を行う事は出来ません。

「相続の事を考えるラストチャンス!」

と言うのは大げさかもしれませんが、定年退職をした時は色々な事を考える時間がありますから、遺言を作成する適切な時期であると言えるでしょう。

4.まとめ

本当はもっと沢山遺言を作成した方が良いタイミングはありますが、まずは重要だと思われる3つのタイミングを挙げてみました。

なお、上記のケースでも遺留分の問題はどうしても出てきます。

それでも事前の対策を行えば遺言を残さなかった場合によるトラブルを防ぐ事が出来るでしょう。

「遺言は高齢者が作成する物」と言う思い込みは捨てて、適切なタイミングでしっかりと作成するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました