相続人が連絡先不明、行方不明の場合の相続手続き(不在者財産管理人)

 

こんにちは。横浜市のもめない相続の専門家、司法書士/上級心理カウンセラーの甲斐です。

今回の記事は、相続人の中に行方不明者がいて、遺産分割協議が出来ずにお困りの方向けの記事です。

(なおご紹介する事例は、良くあるご相談を参考にした創作です。)

【事例】
Q.私の父が先月亡くなりました。相続人は私を含めた兄弟三人なのですが、一番下の弟である三男が問題になっています。

三男は父と折り合いが悪く、数十年前に家出をしたきり帰ってきません。

時々送られてくるハガキの消印から、九州のとある県にいる事は分かっているのですが、詳細な住所や電話番号等の連絡先は一切分からない状態です。

父の遺産は不動産や預貯金等があり、このままですと相続手続きが出来ない為、非常に困っていまいます。こういった場合、どうすれば良いのでしょうか?

A.家庭裁判所に対して不在者財産管理人選任の申立てを行い、選任された不在者財産管理人と遺産分割協議を行う事で、相続手続きを進める事が可能です。

 

1.不在者財産管理人とは?

不在者財産管理人とは、従来の住所、居所を去って、簡単には帰ってくる見込みがない不在者がいて、不在者がその財産を管理する事が出来ない場合に、家庭裁判所が申立てにより選任する、不在者の財産の管理人です。

長期の家出人が不在者にあたり、生死不明である事は必要ではありません。

不在者財産管理人の権限は、文字通り不在者の財産の管理を行う事です。具体的には、

・保存行為(管理すべき財産の現状を維持する為に必要な一切の行為。建物の修繕等)
・利用行為(財産からの収益を図る行為。利息付きの金銭の貸付等。財産の性質を変えない範囲でのみする事が出来る。)
・改良行為(財産の価値を増加させる行為)

に限定され、上記以外の行為を行う場合、家庭裁判所の許可が必要となります。

 

2.不在者財産管理人選任申立ての流れ

① 申立人

申立てが出来るのは、利害関係人及び検察官に限られています。

利害関係人とは、不在者の財産管理について法律上の利害関係のある人の事です。

例えば、不在者と共に相続人になっている人、不在者の債権者等です。

管轄は、不在者の方の従来の住所地・居所地を管轄する家庭裁判所です。

② 申立てに必要な書類

・申立書(裁判所のホームページからダウンロードできます)
・不在者の戸籍謄本、戸籍の附票
・財産管理人候補者の住民票又は戸籍附票
・不在の事実を証する資料(警察署長の発行する家出人届出受理証明書、不在者宛の郵便物で『あて所に尋ね当たらず』等の理由で返送された郵便物)
・不在者の財産に関する資料(不動産登記事項証明書,預貯金及び有価証券の残高が分かる書類(通帳写し,残高証明書等)等)
・利害関係人からの申立ての場合,利害関係を証する資料(戸籍謄本(全部事項証明書),賃貸借契約書写し,金銭消費貸借契約書写し等)

その他、家庭裁判所から指示された書類を用意します。

※予納金として数10万~100万円程の納付を家庭裁判所より求められる事があります。

※不在者財産管理人の推薦を行うことはできますが、選任するのはあくまで家庭裁判所であるため、希望が通るとは限りません。

③ 不在者財産管理人の資格

資格は特に必要ありません。実務上は弁護士・司法書士等の専門家や、身内の方がなる事もあります。

 

3.不在者財産管理人就任後の流れ

家庭裁判所より選任された不在財産管理人が就任した場合、不在者の財産の調査を行い、財産管理の方針を決定します。

その中で事例のように不在者の法定代理人として、遺産分割協議に参加する事があります。

 

4.まとめ

不在者財産管理人の選任申立書の作成に関して、色々な注意点やポイントがあるのですが、一番の難所は、不在者の戸籍および戸籍の附票の取得です。

親族間であっても、不在者が直系血族間でなければ戸籍を取得する事は原則出来ませんので、不在者財産管理人の選任申立が不可能になってしまう場合があります。

司法書士は不在者財産管理人選任申立書等の裁判所へ提出する書類の作成を行う事ができ、さらに申立てに必要な戸籍等の書類の取得も職務上の権限として行うことができます。

司法書士にご依頼頂ければ、皆様の時間を不慣れな手続きに費やす必要が無くなります。

相続人の中に不在者がいてお困りの場合は、お気軽に当事務所にご相談下さい。

 

 

【このブログの著者】

甲斐 智也(かい ともや)
司法書士/上級心理カウンセラー

 

心理カウンセリングの技術を応用して、もめない相続の実現を目指す専門家。

不動産や銀行預金等の相続手続きの他、心理カウンセラーが行う心理療法であり心理学のひとつ、「交流分析」をベースにして、法律と感情面の双方から、相続人間のコミュニケーションが円滑になる為の多角的なサポートを行っている。

元俳優。アクションが得意でTVドラマ出演やヒーローショーの経験もあり。

⇒詳細なプロフィールはこちら

 

【本サイトでは、相続手続きや家族信託について網羅的に解説しています。今後のご参考にもなる情報でもありますので、よろしければブックマーク等を行い、後からでも閲覧できるようにする事をお勧めします。】

 

【⇒トップページに戻る】

 

平日、土日祝日も21時まで対応可(要予約)。心のモヤモヤ、スッキリさせませんか?難しい相続・家族信託のご相談は当事務所にお任せ下さい。

当事務所では平日お仕事でお忙しい方の為に、事前にご予約を頂けましたら平日は21時まで、土日祝日も無料相談のご対応をおこなっております。

・「仕事が忙しくて相続手続きが出来ない!」
司法書士があなたを代理して、遺産の相続手続きを行います。

・「感情的になって相続の話し合いが出来ない!」
感情面にも配慮し、相続人の皆様が適切に遺産分割協議が行えるようサポート致します。

・「両親が認知症になった時が心配。成年後見制度は使いたくない!」
→新しい財産管理の方法、家族信託をご提案致します。

当事務所では、上記のような相続の事でお困りの方に対して様々な解決を行い、その結果、ご依頼者の方は相続を原因とする余計なストレスを感じる事なく、普段と何も変わらない平穏な日常を送っていらっしゃいます。

あなたが上記のような事でお困り、お悩みの場合、当事務所にお気軽にお問合せ下さい。

正確で具体的な解決策をご案内致します。

※ご相談は1日2組様限定とさせて頂いております。ご了承下さい。