【任意後見は、意思能力・判断能力が低下した時に備え、事前に後見人を決めておく制度です】

1.任意後見とは?

任意後見は、将来、認知症等の理由により意思能力・判断能力が不十分になった時に備え、ご自身の身上監護や財産管理を代わりにやってもらう後見人(「任意後見人」)を事前に決める制度です。

いわゆる成年後見(法定後見)制度とは異なり、自分の後見人を、元気な内に事前に決めておく事が出来るのが最大の特徴です。

任意後見制度を利用すると、

【身上監護の面として】
・施設入所や介護サービス利用時の契約、介護保険の申請
・ご本人の住居の確保及び生活環境の整備

【財産管理の面として】
・ご本人の預金の引き出し
・ご本人の不動産の売却

このような事を、ご本人に代わり任意後見人が行う事が出来るようになります。

任意後見は、ご本人様と任意後見人の候補者の方が、その契約を公正証書で行う事が必要になりますが、当事務所では、この任意後見契約を締結するサポートを行っています。

 

2.任意後見サポートのお手続きの流れ

① ご面談、ご提案書作成

ご面談に関しましては、全て司法書士が対応いたします。

事前にご持参頂きますよう、ご案内しました書類等ございましたら、そちらも確認させて頂きます。

お客様のご希望をお伺いした上で、任意後見制度の内容を分かりやすくご説明致します。

【面談時のご本人様確認のご協力のお願い】
司法書士は法令により本人確認義務が定められていますので、当日は運転免許証、健康保険証、住民基本台帳カード、パスポートなどの確認もさせて頂きます。

② 受任、手続き開始

任意後見制度及び費用にご納得頂けましたら、委任契約を締結、お手続きを進めさせて頂きます。

お客様のご希望をお伺いしまして、任意後見契約書の原案を作成致します。

③ 公証人との打合せ、任意後見契約締結

任意後見契約書原案の作成が完了したら、最寄の公証役場の公証人との打合せを当事務所が行います。

原案に問題がなければ、公証役場の予約をとり、後日、ご本人様と任意後見人候補者の方とで、任意後見契約を締結、契約書を公正証書で作成します。

④ 費用のご清算

全てのお手続きが完了したら、費用のご清算をさせて頂きます。

 

3.任意後見サポートの費用

・家族信託サポート業務

【司法書士報酬】(消費税別)

・20万円~

【実費】

・公証人手数料等

※任意後見サポートは
・任意後見契約の内容のヒアリング
・任意後見契約書原案作成
・公証人との打合せ
・任意後見契約締結時の立会い
・任意後見監督人選任申立書作成(必要な場合)
の一連の業務です。

 

任意後見の詳細については、こちらもご覧下さい。

 

【本サイトでは、相続手続きや家族信託について網羅的に解説しています。今後のご参考にもなる情報でもありますので、よろしければブックマーク等を行い、後からでも閲覧できるようにする事をお勧めします。】

 

⇒トップページに戻る

平日、土日祝日も21時まで対応可(要予約)。あなたの今後の人生も真面目に考えます。もめない相続対策・家族信託のご相談は当事務所にお任せ下さい。

当事務所では平日お仕事でお忙しい方の為に、事前にご予約を頂けましたら平日は21時まで、土日祝日も無料相談のご対応をおこなっております。

※ご相談は1日2組様限定とさせて頂いております。ご了承下さい。

状況によっては大変混み合いますので、お早目のご予約をお勧めします。