相続トラブル事例

相続トラブル事例

自分で相続手続き・家族信託を行った場合に良くあるトラブルやデメリット

こんにちは。司法書士の甲斐です。 今は非常に便利な時代で、少し分からない事があってもインターネットで簡単に調べる事ができるようになりました。 相続手続きや家族信託も同様で、私も含め様々な専門家が情報発信をしていますので、 「自分で相続...
相続トラブル事例

借金がある場合の相続対策(生前贈与)の注意点。詐害行為取消権について

こんにちは。司法書士の甲斐です。 昨今、様々な相続対策が行われていますが、その代表的なものが「生前贈与」です。 生前贈与は相続対策の基本中の基本であり、相続対策の事をきちんと勉強された方が良く利用されているのですが、注意点があります。 ...
相続トラブル事例

代理人弁護士から相続の放棄を求められた場合の対応方法

こんにちは。司法書士の甲斐です。 今回は、現実に良く有る「相手の相続人の弁護士から、相続の放棄を求められた場合の対応方法」のお話しです。 【事例】 私の叔父の奥さんの代理人と名乗る弁護士から手紙が届きました。内容は、私の叔父が先月亡くなった...
相続トラブル事例

相続で弁護士・司法書士が関与した結果、トラブルになった事例

こんにちは。司法書士の甲斐です。 相続に関する仕事を行う士業は様々あるのですが、今回は、主に弁護士・司法書士にスポットを当ててお話をしていきたいと思います。 ・弁護士は依頼者の代理人として、他の相続人との交渉 ・司法書士は不動産の名義変更...
相続トラブル事例

遺言の書き換え合戦に巻き込まれた場合の対処方法

こんにちは。司法書士の甲斐です。 今後予想される相続トラブルを未然に防ぐため遺言を残す事は非常に有効なのですが、場合によってはその遺言が原因となって相続トラブルに発展する事があります。 【事例】Q:私は今年で70歳になるのですが、私の子供達...
相続トラブル事例

高飛車・高圧的な態度の相続人に対しての対応方法

こんにちは。司法書士の甲斐です。 あなたのまわりに、高飛車・高圧的な態度で自慢ばかりしてくる人はいませんか? 自分がいかに素晴らしく正しい人間であるか、他人がいかに間違っているのかを永遠と語りだす人、あなたの身の回りに一人や二人必ずいる...
相続トラブル事例

会いたくない、話しをしたくない相続人がいる場合の対処方法

こんにちは。司法書士の甲斐です。 相続が発生すると相続人間で遺産をどのように分けるかを話し合う必要があります。 これを「遺産分割協議」と言い、遺産分割協議を行わなければ預金の相続手続きもできませんし、不動産の名義変更(相続登記)も行う事がで...
相続トラブル事例

相続人ではない第三者が出てくると、もめる相続になりがちになる理由

こんにちは。司法書士の甲斐です。 相続人ではない、相続では全く関係がない第三者が登場する事により、もめる相続に発展する事が良くあります。 相続人ではない第三者とは、例えば相続人の配偶者とか、相続人の子供とか、近所の自称法律に詳しいおじさんと...
相続トラブル事例

相続の話し合いに代理人として弁護士がついた場合の対処方法

【事例】 Q:相続人である長男に弁護士が代理人について困っています。 数ヶ月前に父親が亡くなり、相続人(長男、次男、長女である私の3人)で遺産分割協議を行っていました。 ところが、長男と私達の意見の食い違いから話し合いが難航し、そんな...
相続トラブル事例

遺産相続の話し合いに応じない相続人がいる時に試して欲しい「聴く」事

こんにちは。司法書士の甲斐です。 相続の手続きの中で一番困るのが「話し合いに応じない相続人がいる場合」です。 相続の話し合い、「遺産分割協議」は相続人全員で行う必要がある為、話し合いに応じない相続人を除外して遺産分割協議を行ったとしても...
相続トラブル事例

寄与分と特別受益を主張すると相続がまとまらない根本的な理由

こんにちは。司法書士の甲斐です。 相続の話し合いがまとまらないポイントの一つに「寄与分及び特別受益」の主張があります。 寄与分も特別受益も民法で定められた各相続人の法定相続分を増減させる制度です。 基本的には各相続人の話し合いで寄与分...
相続トラブル事例

相続でもめる原因でもある「普通」と言う考え方

こんにちは。司法書士の甲斐です。 相談者の方が相続で抱えている問題は、基本的には同じものはありません。 被相続人と相続人の関係・相続人同士の関係・遺産の種類等、同じ家庭は一つも存在しませんし、その解決方法もオーダーメードで考える必要があ...
相続トラブル事例

葬儀から相続トラブルに発展させないように気をつけるべき事

こんにちは。司法書士の甲斐です。 いつかは必ず訪れる、大切な家族との別れ。悲しみがどんどん押し寄せてきて、精神的な疲弊がピークの状態の時に葬儀を行う必要があります。 実はこの葬儀の場面で家族の仲が悪くなり、そのままもめる相続に発展する事...
相続トラブル事例

一般の方が行うには困難が伴う、難しい相続手続きの具体的事例

こんにちは。司法書士の甲斐です。 相続について、事務所や市役所、区役所でご相談を受けていますと、「自分で相続手続きを行いたいので、やり方を教えてほしい」とおっしゃられる方がいらっしゃいます。 しかし内容を良く聞いてみると、相続のプロでも...
相続トラブル事例

「絶対に相続でもめるわけがない」と思っていた普通の家庭が相続でもめる理由

こんにちは。司法書士の甲斐です。 「相続はもめると言う事を良く聞くのですが、ウチは普通の家庭だし、相続でもめる事なんて想像出来ないんですよね」と言うお話をお伺いする事があります。 その一方で、「ウチは相続でもめる事はないと思っていたので...
相続トラブル事例

親の相続財産を独り占めしたい(渡したくない)場合

Q:親の財産を独り占めするにはどうすれば良いですか? 父は現在認知症で、父の財産は事実上、私が管理しています。 仮に父が亡くなった場合、他の家族として私には姉がいるのですが(母は既に他界)、姉には父の財産を渡したくはありません。 と言...
相続トラブル事例

相続の失敗事例 -絶対に失敗出来ないからこそ知っておくべき事-

こんにちは。司法書士の甲斐です。 相続のご相談を承っていますと、既に相続について何らかの対応を行い、その結果として失敗してしまったので何とかしてほしい、と言うご相談を良くお伺いします。 当初は「取りあえず何とかなる」と言った感覚だっと思...
相続トラブル事例

相続トラブルの原因にもなる「期待する事」について

【事例】 Q:父の事でご相談があります。 私の家族構成は、父の太郎(母は既に亡くなっています)、父の長男で一郎(私)、父の次男で私の弟の二郎の3人です。 父は高齢になった為、相続対策を色々を行っているみたいなのですが、最近、公証役場で遺言書...
相続トラブル事例

相続が進まない場合。遺産分割調停以外の解決方法を考えてみる

こんにちは。司法書士の甲斐です。 今回の記事は、どうしても遺産分割調停を行いたくない方向けの記事です。 【事例】 Q:相続手続きが進まなくて困っています。 数ヶ月前に父が亡くなり、相続手続きを行う必要があるのですが、兄が面倒がって相...
相続トラブル事例

他の相続人に相続を放棄してほしい場合に絶対にやってはいけない対応とは?

 【事例】(今回ご紹介する事例は、非常に良くあるご相談を参考にした創作です。) Q:数ヶ月前、父が亡くなりました。実は父は再婚をしており、前妻との間に子供が2人、後妻との間に子供が3人、合計5人の子供がいます(私は後妻の子供です)。 相...
タイトルとURLをコピーしました