相続一般

相続一般

日本人が海外に渡航中に死亡した場合

昨今、日本人が様々な理由で海外へ渡航する事が増えてます(2018年は約1,800万人。法務省「出国管理統計」より)。 それと同時に急な病気や事故により、海外で亡くなる日本人が毎年約500人前後と、けっして少なくない方が毎年亡くなられていま...
相続一般

地主の土地を利用する権利、借地権の相続の方法とは?

相続のご相談を承っていますと、建物は被相続人の所有ですが、土地は地主から借りている、いわゆる「借地」のケースがあります。 この時に相続のお話と同時並行で、借地の契約関係について良くお伺いするのですが、契約書がそもそも無かったり、契約書...
相続一般

相続手続きを司法書士に依頼する際に注意すべき契約書のポイント

今回は、司法書士等に相続手続きを依頼しようと考えている方向けの記事です。 基本的に相続手続きは数ヶ月かかる場合があり、またその手続きの種類も様々です。 その為、後日の紛争を未然に防ぐ為に、専門家に相続手続きをご依頼する場合、通常は契...
相続一般

相続で投資用不動産と担保付不動産の評価はどうすれば良いのか?

遺産分割協議を行う上でポイントの一つになるのが、「相続財産をどのように評価するのか?」と言う点です。 特に不動産は複数の評価の方法があり、どの評価を採用するかは非常に頭を悩ます方もいらっしゃるはずです。 さらに、不動産特有の問題として、ア...
相続一般

限定承認が使われないホントの理由とは?

相続が発生した場合、被相続人の財産は原則として、全て相続人に引き継がれる事になります。 財産には不動産や預金と言ったプラスの財産の他、借金等のマイナスの財産も含まれます。 つまり、被相続人に借金があった場合、原則として相続人がその借...
相続一般

配偶者居住権の問題点。親が認知症になったらどうする?

民法の相続法の改正が成立し、新たな権利として「配偶者居住権」が創設されました。 配偶者居住権は、遺産分割協議等で取得できる、被相続人の配偶者が自宅をそのまま使用できる権利です。 今までの法律では、各相続人に公平に分配する遺産が無...
相続一般

成立した改正相続法を分かりやすく解説します

平成30年7月6日、相続のルールを定めた民法の一部を改正する法律が成立しました(同年7月13日公布)。 民法のうち相続法の分野については、昭和55年以降実質的に大きな改正はされませんでした。 しかし、時代の変化や社会の高齢化が急速に...
相続一般

横浜信用金庫(よこしん)の相続手続き

本ページでは、横浜信用金庫(よこしん)の相続手続きについて解説します。 横浜信用金庫の相続手続きの流れは、基本的には以下のとおりとなります。 ① 横浜信用金庫の支店へ口座名義人が亡くなった事の連絡 ② 預金の相続手続きに必要な書類の...
相続一般

具体的な相続の相談内容。どんな人がどのような相談をしているのか?

皆様は人生の中で法律家に何か相談をした事はありますか? 当事務所は相続を中心とした業務を行っていますが、相続の問題は一生に何度もあるわけではありません。 その為、相続についてはほとんどの方が法律家に相談した事がないと思います。 また、相続...
相続一般

子供は親のために相続を放棄すべきか?

相続でよく話題に出てくるお話しの一つとして、「子供は親のために相続を放棄すべきか?」と言うお話しがあります。 例えば、父親が亡くなり、相続人が母親と子供の場合、子供が母親のために父の遺産を一切相続しない、もしくは少しの遺産しか相続しない、...
相続一般

実は住宅ローンはないかも?住宅ローンがある自宅を相続した場合の注意点。

被相続人がお亡くなりになった直後に、相続のご相談をされる方がたまにいらっしゃいます。 そのほとんどのケースが、「お父さんが住宅ローンを残して亡くなったのですが、住宅ローンも相続の対象になるのですか?」と言うご相談です。 確かに、残さ...
相続一般

不動産を相続して売却するまでの一連の流れと税金の分かりやすい話

被相続人が残した相続財産の中に自宅等の不動産があった場合、その自宅に今後も住む予定の相続人が不動産を相続する事が多いと思います。 しかし、自宅にもう誰も住む必要がない場合、自宅を売却してその売買代金を相続人で分け合う相続の手続きを行うご家...
相続一般

全ての弁護士、司法書士等が相続が得意とは限りません

突然ですが、あなたは「弁護士、司法書士等の法律の専門家は、どんな法律問題であっても対応出来る高度な専門的知識がある」と言うイメージがありませんか? 難易度が高く、合格率が低い国家資格者ですので、そもそも一般の方とは頭の構造が違う。 ...
相続一般

相続手続きを他の司法書士に依頼したい(変えたい)場合に考えるべき事

相続手続きを司法書士にご依頼された場合、基本的にはその司法書士が責任を持って仕事を行います。 しかし、物凄く雑な仕事を行い、適当な知識を語って他の相続人を怒らせる司法書士がいます。 また、仕事以外の面で、例えばどうしても人として反り...
相続一般

相続で一番悩む、他の相続人との正しい接し方の方法とは?

私は平成23年に司法書士試験に合格し、複数の司法書士事務所に勤務して、平成27年に横浜で独立しました。 司法書士歴は約5年とまだまだ短いのですが、その短い間でも沢山の相続案件を取り扱い、独立した現在も継続して相続案件に取り組んでいます...
相続一般

当事務所の今までの相続・家族信託のご相談内容のご紹介

「相続の事で悩んでいるけれど、そもそもこんな事で本当に相談していいの?」 一口に相続と言っても幅広く、その内容は様々な為、「こんな事相談しても良いの?」と思われる事も無理はありません。 また、司法書士と言う資格そのものが、一般の方から見れ...
相続一般

無料相談会ばかり渡り歩いていても相続の問題は解決しない理由

主に市役所や区役所の無料相談会の相談員を行っていますと、 この間別の先生に相続のご相談したんですけど~。 と言った、同じ案件で無料相談会に何度も来られている方にお会いする事があります。 相談会を主催する所によっては、...
相続一般

お金持ちの家庭ほど相続で争う事が少ない理由

「相続争い」と聞いて、何をイメージしますか? おそらく、お金持ちの資産家の相続人が少しでも遺産を取得しようと、駆け引きをして、騙しあい、時には罪を犯すようなドロドロのイメージを持たれている方も少なくないはずです。 このようなお金持ち、資産...
相続一般

苦手な相続人を味方にして円滑に相続を進める方法

何度も何度も相続の話し合いを行っているけれど、いまいち話がかみ合わず、そればかりか変な主張をする相続人がいる。正直、話がかみ合わないので苦手だ・・・ 相続人間の仲が良ければよいのですが、相続の場面では実際にこのような事も...
相続一般

形見分けと遺品整理と遺産整理と相続放棄の関係性について

相続の最終目標は被相続人が残した遺産を各相続人間でどのように分けるのかを話し合い(遺産分割協議)、その話し合いをもとに、各遺産の相続手続きを行う事です。 (相続税の納税を行う必要があれば、相続税の申告・納税も必要になってくるでしょう。...
タイトルとURLをコピーしました