相続・家族信託の豆知識

初めまして。

突然ですが、あなたに質問です。

相続でもめる家庭ともめない家庭の、究極的な差って何だか分かりますか?

私は主に相続手続きに関する様々な仕事を行っておりますが、その中でこの「差」を常日頃から感じています。

たった一つのこの「差」、でも超える事ができない究極の「差」とは、

親の生前に、家族全員が親の相続の事を、真面目にしっかりと考えていたか?

この事につきます。

いわゆる、相続対策とか認知症対策とか呼ばれるもので、何も真新しいものではありません。

はっきり言ってしまえば「何をいまさら」と言う感じでしょう。

相続でもめるなんて、資産家だけの話しでしょ?

ウチは家族の仲が良いから、相続でもめるなんてありえないから。

このような声も良く耳にします。

でも、相続でもめるご家庭のほとんどが、上記の方々のように何もしない、完全ノーガード状態である為に相続トラブルに陥ります。

その結果本来必要ではなかったお金と時間を失い、ご自分の日常を犠牲にして心をすり減らしているのが現状なのです。

こんな事になるとは思わなかった・・・。

と思っても、もう時間を取り戻す事は出来ません。

賢い人はきちんと認知症対策や相続対策を行っています。

今からでも遅くありません。

考え方を変えて、家族の為にも認知症対策や相続対策を行っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました